SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

ミックスを一度リセットしてやり直すことにした

初心に戻って曲を作る

Back to Basic15 Restart

どうもしっくりこないんですよね。

 

しかも何がしっくりこないのか原因が全く分からない。

 

実はここ数日間、自分なりに考えながらちょこちょこいじってはいたんです。高音域の感じや、リバーブの具合、またはボーカルのボリューム…ちょっとでも気になった部分は調節してみたんですけどね。

 

でも全然しっくりこない。

 

これはねぇ…たぶん全体が複合してるってことなんだと思うんですよ。全体が絡み合った結果気に入らないミックスになってるような気がする。だから部分的に直してもダメなんじゃないかな。

 

というわけで。

 

ミックスを1からやり直します。

 

前回の記事はこちら。

サビにハモリを付けてマスターでさらに音圧アップ

スポンサーリンク

設定を再びリセット!バスもちょっと見直しました

まさかこんなことになろうとは。

sonar コンソールビュー 設定をリセット

*まさかのリスタート*

エフェクターを全て抜き、イコライザーもリセット。もちろんリバーブバスへのセンドもリセット。とにかく全てリセットです。わたしの場合、中途半端にやり直そうとすると逆に難易度が高くなってしまうので絶対この方がいいんです。

…とはいえ…。

リセット直前のcwpファイルの一応バックアップは取った

*cwpファイルは一応コピペ*

直前のファイルのバックアップは一応取っておきましたが…。

 

 

 

はぁ。

 

この曲は本当に難産になってしまいました。

思えば作曲し始めの時からずっと山あり谷ありだったんです。ある部分では苦しみ、ある部分は非常にスムーズに進み、結局最後は苦しむというアメとムチの絶妙なターンチェンジ。

なにしろ「初心に戻って曲を作る」っていうテーマでしたからね。

ここ最近どうも変な意味でこだわり出していたので、ここら辺りで初心に戻って楽しんで曲作りをしようと思っていたんです。

それがどうよ…。

 

 

 

 

ん~~~~~~~~~~~~…………………………

 

 

 

 

………………ん~~~~~~~~~~~~まぁいいや!

せっかくミキシングをやり直すんだから気分も入れ替えよう!

 

 

ここから改めて再スタートです!

 

 

再スタートついでにバスの構成も若干変えましたよ。

sonar トラックビュー トラック表示部 バスを一つ減らした

*Vocalバスを一つ削除した*

ちょっとわかりにくいですが、各トラック欄左下「アウトプット(Oのアイコン)」が両方Vocalになっているのがおわかりでしょうか。

元々はVocal1トラックはVocal1バスに、Vocal2トラックはVocal2バスにアウトプットしていたんですが、今回ミキシングのリセットついでにVocal2バスを削除してVocalバスを一つにしました。

 

 

変更は以上!

次回から心機一転!ゆっくり、じっくりミキシングを進めていこうと思います。

 

それでは。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索