SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

イントロ追加してギター・ベース・ドラムをアレンジした【8ビート第二弾】

8ビートで曲を作ってみよう2

SONAR画面 現在のトラック数

結局イントロ作ってみました。

わたしの音源はいつも突然始まって突然終わるので…かっこわるいかな、と思ってさ。

ベースも付けて、ギターとドラムも併せてアレンジをしてみましたよ。

 

・今日出来上がった音源

 

全くミキシングしてないので音が超汚いです。汚物です。次回何とかします!

 

それでは、SONARでの作曲作業の詳細をご紹介しますね。

 

前回の記事はこちら。

SONARでサビのメロディーを付ける【8ビート第二弾】

スポンサーリンク

イントロを作る

まず前回の音源を聴いてみて下さい。

 

・前回「SONARでサビのメロディーを付ける【8ビート第二弾】」の音源

 

曲に、イントロを作る余白が無いですね。何とかしましょう。

SONAR画面 4小節分ずらしてドラムをコピペ

*使い方は簡単です*

曲のクリップ全体を選択して、4小節始まりをずらした上でドラムをコピペしました。DTMとはいえ、こういう使い方についてはエクセルやワードなどの普通のソフトと全く同じ感覚で行えます。

さて、ドラムが出来たのでイントロ部分のギターを録ったのですが、イントロが出来たら全体のアレンジの流れが見えてきたので、ついでに一気に終わりまでギターアレンジを済ませちゃいました。

 

・ギターのみの音源

 

…リズムがところどころモタってますね…リズム以外も普通に下手ですが気にしないで下さい。

基本的にコードストロークをしているサイドギターに、部分部分でアレンジのギターを追加する形にしてみました。主にギターアレンジをしたのはイントロと、曲の中間部分と、サビ前と、サビの四か所です。コードストロークに合わせてアルペジオを弾いたり、イントロではソロでテーマっぽいメロディを弾いてみたり、サビではオクターブ双方で厚みのある単音を弾いています。

ドラムをアレンジする

ドラムのアレンジ部分は以下の3点。

・イントロのハイハットを開けた。

・曲のアクセント部分にシンバルを追加した。

・シンバル追加部分のスネアを微調整した。

以上です。

 

・ドラムのみの音源

 

ね。

ほとんど基本の8ビートですがまぁこんなもんでいいでしょう。

ベースを作る

この曲のベースのポイントはただ1つ。

 

「サビとイントロでは刻み、逆にAメロ・Bメロでは流れるように弾く」っていうことです。とにかくメリハリを付けたかったんですよ。

後は、基本的に各コードのルート音をなぞっているだけ。

 

・ベースのみ音源

 

ベース単体だとよくわかりませんね。なんかのクイズみたい 笑。

ともかく、刻んだり刻んでなかったりしてるでしょ。これ結構効果あるんですよ。全部音を混ぜて聴いてみると、ベースの刻んでる部分と刻んでない部分で雰囲気が一気に変わります。ビックリです。

全部合わせて聴いてみる

現在のクリップはこんな感じ。

SONAR画面 現在のトラック数

*多いのか、少ないのか*

ギターで5トラック、ドラム4トラック、ベースとヴォーカルがそれぞれ1トラックの計11トラックです。これが多いのか少ないのか平均値が全く分かりませんが、そろそろ録音時に処理落ちすることが多くなってきました。そんな複雑なことやってないのにねぇ…かといってバッファを上げるとレイテンシが長くなるし…これはフリーズ機能を活用していった方が良さそうですね。

それでは今日の完成音源をもう一度掲載しておきます。

 

・今日出来上がった音源

 

音質も音量バランスもバラバラ。曲自体が散らかって聴こえます。ミックスで上手くまとまるか心配…。

まぁ、とりあえず材料は揃ったのでOK!

 

音をキレイにするのが楽しみです。

あ、歌も録りなおしたいんだよな。

 

とりあえず次回はミキシングしまーす。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索