SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「マイナーのバラードを作る」より【2017/7/17更新】 7/17更新

【予告】新しいVSTプラグインシンセ入れたぜ!だから曲作るぜ!

新しいシンセで曲作り

new_synth1 Start!!

ひっさびさに新しいシンセ入れちゃいました!

VSTプラグインの中でも、エフェクターじゃなくてシンセね。

 

なんだか面白そうな音色がたくさん入っているので、シンセありきで一曲作ってみたいと思ったわけです。

 

そんなわけで、新シリーズスタート!!!

スポンサーリンク

Synth Master Player Free を導入したよ

これがその新兵器でござる。

Synthmaster Player Free コントロールパネル

かっこいいでしょ。

Synthmasterっていうシンセ音源のフリー版です。

まだしっかり調べていないんですが、どうやら本物(有料版)の方はものすごく自由度の高い、マニアックな音作りが出来る「モンスターシンセ」なんですって。対してこちらのフリー版はプリセット数も少なく、音色のエディットも最低限しかできない感じになっているみたい。

 

…が、

 

正直、むしろわたしにはそれがちょうどいい。

 

わたしのような初心者にとっては色々出来ても逆に困っちゃうわけですよ。限定された中でチョイスするのがむしろ心地良かったりするということもある。

フリー版ではプリセットが150個ぐらいなのかな??まだちゃんと数えていないのでざっくりではありますが、実にちょうどいいサイズじゃないですか。

しかも今まで避けて通ってきたいわゆるテクノ系の音ですよ。

新年から始める新シリーズにふさわしいじゃないですか。

今年は生音っぽい曲作りを中心にDTMを楽しんできました。おかげで生音っぽい曲作りについては初心者なりに慣れてきてしまったところもあるんです。なので、ここであえて違うジャンルを攻めることで音楽の視野がもっと広がって、もっと楽しめるようになる様な気がするんですよね。

上手にできるかどうか不安もありますが、まぁ今まで通りにいかないのが逆に面白いんじゃないかな、とも思っています。

 

次回(新年)はSynthmaster Player Freeの音色紹介をする予定です。

 

それではみなさん、よいお年を!

 

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索