SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

爆誕した2番のアレンジを詰めていく

自由に作曲【テーマ無し】その1

No theme7 The Second Verse2

前回、コピペというDTMならではのお手軽テクニックを駆使して見事爆誕した2番ですが、もう少し検討しつつ直したい部分がいくつかあるんですよね。

Cメロから先に進む前に、今日はその辺りをちょちょっと直しておこうかなと。

そんな記事です。

 

前回の記事はこちら。

コピペを駆使して2番爆誕

スポンサーリンク

気になるとこは今のうちに直しておくぜ!

じゃないとすぐ忘れちゃうから!!

これが進捗だ!

 

・テーマ無しオリジナル曲 進捗音源(1番の終わりから)

 

検討したいポイントは以下の3つ。

1.1番と2番をつなぐテーマ終わりのコード進行

2.Aメロサイドギターのストロークパターン

3.Aメロのベースライン

順番に手を付けていきますよ。

1番と2番をつなぐテーマ終わりのコード進行

「1番と2番をつなぐテーマ」っていうのは具体的には以下の音源の部分です。

 

・1番と2番をつなぐテーマ 修正前

 

イントロとの違いは、Aメロに入る直前部分がメロディアスなコード進行になっていること。でもこの部分がなにやら気に入らないんだな。引っかかりが無さすぎるというか。

というわけで以下のように修正しました。

 

・1番と2番をつなぐテーマ 修正後

 

ピアノとベースは様子を見て編集するつもりなのでいったんミュートにしてあります。

コード進行的には【F#m7→A/B】だったものを【Am7→A/B】に直してみました。サビの抜けでも使用している進行なんですが、今までよりちょっとフックが強くなった感じですよね。

多用してしまうとサビのアクセントが無くなってしまうような気がして躊躇していた部分なんですが、こうして【Am7→A/B】を試してみるとどうしてもこっちの方がいい気がします。

これでいいってことにしようかな。

Aメロサイドギターのストロークパターン

現状のストロークってメロディに対して少し複雑で、曲の邪魔をしてる感じがしませんか。

 

・Aメロサイドギターのストローク 修正前

 

もっとシンプルにした方がメロディが引き立つんじゃないかなと。修正してみました。

 

・Aメロサイドギターのストローク 修正後

 

うん。こっちの方が好みに近い気がしますね。

OKじゃないでしょうか。

Aメロのベースライン

最後はベースラインです。

 

・Aメロ ベースライン 修正前

 

ギターは刻んでいるのにベースは刻んでいません。

というのも、サビの刻みがある意味この曲のアクセントになっているので、あんまりサビ以外のパートで多用するとそこが目立たなくなってしまうような気がして。

とはいえこのままだと2番からの雰囲気チェンジ感が薄れてしまいますよね。

というわけで以下のように修正してみました。

 

・Aメロ ベースライン 修正後

 

バスドラに寄り添ったベースラインの黄金パターン(個人的な感想)です。刻まないまでもこの方がまだ雰囲気が出てると思うんですが…どうでしょう。

 

それではここまでのアレンジまとめ+ピアノパートをお聞きください。

 

・テーマ無しオリジナル曲 進捗音源(1番の終わりから)修正後

 

…んんんん~~~~~???

なんか変。なんだろう…。

 

ベースかなぁ。とりあえずバスドラとシンクロしとけばOKっしょ!ぐらいに思っていたのに…ダメなんか。全然黄金パターンじゃなかったっていう 笑。

 

中途半端ですが今日はこれにて終了!

 

今のところベースは別のアイデアが浮かびそうにないので、一旦前回のベースラインに戻しておこうと思います。

で、先にCメロからラスト大サビにとりかかろうかな。

 

それでは!

 

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索