SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「マイナーのバラードを作る」より【2017/7/17更新】 7/17更新

仮歌を入れたらキーが高かったので調整しました

SONAR Professionalに慣れる!

practice11 Vocal&Key

やっとまともに声が出るようになってきたので、久々の本編更新です。

確認してみたら約一週間ぶりになってしまったみたいですね。

 

今回もなかなかの牛歩ですなぁ。

 

前回の記事はこちら。

【2曲目アレンジ】ストリングスとギターその1

スポンサーリンク

とにかく仮歌を入れてみたいんだ

久々の進捗~!!

 

・アップテンポのオリジナル曲

 

む。すでに懐かしい感じさえします。こんな曲でしたね。

今回の曲のメロディについては完全にピアノオンリーで作曲しており、正直歌えるのかどうか疑問です…っていうか絶対高すぎるよね。ブレスポイントも足りない気がする。

今日は仮歌を入れつつその辺りを調節していこうと思います。

キーを変えつつイントロの仮歌入れ

とりあえずイントロを歌ってみましょう。

まずは現状のキーから。

 

・イントロ仮歌(Cメジャー)

 

…やっぱりな。

十分なブレスができず途中であきらめました。最高音はhiC。

 

まず高い。

わたしは元から声が高いので歌えない音程ではありませんが、なんていうかニュアンスが違うんです。この曲ってもっと軽やかに、流れるように歌いたい曲なんだよな。

 

そしてブレスの場所が無い。

ピアノで思いつくまま弾いたので当たり前ですね。

 

完全に予想通りの結果になってしまいました…とりあえずキーを下げてみましょうか。

キー半音下げ(Bメジャー)

というわけで、SONARのトランスポーズ機能を使ってキーを半音下げてみます。

トランスポーズしたいクリップを選択した状態で、メニューバー「プロセス」よりトランスポーズをクリック。

SONAR Professional トラックビュー トランスポーズ

*トランスポーズを選択*

トランスポーズウインドウが表示されますので、後はトランスポーズ量を設定して「OK」を押すだけ。

トランスポーズウインドウ

*今回はキーを-1します*

カラオケ的な感覚で使用できるので簡単ですよね。

 

これでキーは半音下がってBメジャーになったということになります。

早速歌ってみましょう。

 

・イントロ仮歌(Bメジャー)

 

この半音で世界が突然変わった感じです。

先ほどよりだいぶ軽やか感が出たんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。そして今気が付きましたがイントロ終わり付近のピアノの伴奏が変ですね。消えちゃってるのか。後で直しておきましょう。

キー全音下げ(A#メジャー)

せっかくなのでもう半音下げて歌ってみようかな。

ものは試し。

 

・イントロ仮歌(A#メジャー)

 

最高音はhiAまで下がってきましたが、これはやっぱり低すぎますよねぇ。軽く歌えるのはいいんだけど、これはこれでイメージと違う。

 

Bメジャーで決定、ということで良さそうです。

キーはBメジャーで決定!

キーはBメジャーで決定とし全体の仮歌を入れてしまおうと思ったんですが、結論から言うと今日はイントロをもう一度歌い直したところで終了にしました。

喉に妙な違和感が出てきてしまって…。

しばらく風邪ひきだったわけですからね。無理はやめておきます。

 

それでは今日最後の音源をどうぞ。

ピアノの伴奏は直しておきました。

 

・イントロ仮歌(キーはBメジャーで決定)

 

いやね、この歌すっっっごく難しいです。

このブログを始めてからいろんな曲を書いてきましたが、もしかすると一番難しいかも。なんか音符を追うだけになってしまって「歌っている」って感覚じゃないんだよなぁ。これは本番レコーディングまでに修業が必要そうですよ。がんばろう。

 

今日のDTMはここまで!

 

それでは。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索