SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

SONAR Professional付属の新VSTプラグインでアレンジ開始!

SONAR Professionalを使った初めての曲作り

Restart6 Arrangement

今さらながら今回のシリーズのアイキャッチ画像を作成していなかったことに気づき、作りました。

が…良く考えると「Restart」って既にどこかのシリーズで使ったような気がする…。

 

ま、いっか。

思い出せないからいいです。

 

いよいよ今日からアレンジ編!

前回選定したVSTプラグインがどのように曲にハマるのか、とても楽しみです。

 

前回の記事はこちら。

新しいVSTプラグインの中から今回の曲に使用する音色をチョイス

スポンサーリンク

サビのアレンジ、サクッと終了。

結論から言うと今日のアレンジはあまりに簡単に終わってしまったため、完成音源から掲載しようと思います。

まずは全体像を把握したいので、全てのパートが登場するサビからアレンジを開始することにしました。

 

・SONAR Professionalを使った初めての曲 サビアレンジ

 

なんていうか、普通のアレンジですね。でもそこが気に入っています。

ちょっとコンガのボリュームが大きすぎるかな。そしてピアノが小さい。

ま、その辺は経過段階なので適宜調節するとして、前回感じた通りドラムがすごくリアルですね!その他MIDIパート(コンガ・ピアノ・ベース)の音質もとても良く、まるで本当にバンドで録音したかのよう…。これ、リバーブとかかけちゃったら本当に生音との区別がつかなくなってしまうのでは。こうなってくると世の中の曲ってどう出来ているんだろうという疑念すら抱くレベルです。

オリジナル曲サビ ピアノアレンジ

これだけではあまりに素っ気ない記事なので、少しパートを分解してご紹介しておこうかな。

まずはピアノから。

 

・オリジナル曲サビ ギターとピアノ

 

どう解説していいかわからないくらい「ごく普通」に弾いたつもり。まぁ、そもそもがピアノはちゃんと弾けないので凝ったことはできないんですけどね。

強いて言うなら歌メロに差しさわりが無い程度のフックをポイントポイントに入れてみたんですが、効いていますでしょうか。

それにしてもギターとのずれが気になる…クォンタイズしているピアノパートは当然リズム通りなので、ギターがズレてるんだ。(仮)とはいえ気になる!

そのうち録り直します。

オリジナル曲サビ リズム隊アレンジ

「リズム隊」って言葉、いいですね。ブレーメン的な意味で。

 

・オリジナル曲サビ リズム隊(ドラム・ベース・コンガ)のみ

 

む!リアルなドラムを聴いていただきたかったのにコンガの音がでかい!

とはいえCakewalk Sound Centerのコンガもなかなかにいい音だと思いませんか。ちなみにコンガはBメロから登場させる予定で、それも踏まえて叩いています。前回も書きましたが、どういうわけか音が鳴らないキーが散りばめられておりリアルタイム入力するのに一苦労しました。意味が分からん。いや、本当は何か意味があるんだろうけどわたしにはわからんかった。

 

今日行ったアレンジは以上です。

それでは改めて完成音源をどうぞ。

 

・SONAR Professionalを使った初めての曲 サビアレンジ

 

目的だった全体像はつかめました。

この曲はこんな感じでシンプルなアレンジで行こうと思います。パートを追加するとすれば広がりのあるパッド系があってもいいかもしれませんね。で、Bメロにアクセントをつける感じ。あと今回の曲にはサビにぜひハモリを入れたい。

 

というわけで次回は、このサビのアレンジを踏まえて全体のアレンジを進めていきます。

 

それでは!

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索