SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

オリジナル曲「隼」キリコver. 完成

ロックな曲を作る2

Rock2-13 Chirico ver.

久々のロック曲シリーズです。

このカテゴリの前回の更新日を確認してみたら7月25日だって。先月じゃん…。通りで久しぶりなわけだ。

まぁ7月25日の記事以降も、折に触れて色んな歌い方を試していたんだけどね。

結論から言うと、やっぱりわたしはロックをかっこよく歌えないということがわかりました。これはもう向き不向きの問題なのでどうしようもありません。なので、いつも通りの声でレコーディングし「とりあえず完成」という形にしました。

でも完成した曲は正直全然イメージと違うんです…。特に声が。パワーが足りないんだよなぁ。なんだかこのまま終わるのは悲しい。

色々考えたんですが、以前曲をアレンジさせてもらったIchiに改めて歌入れしてもらおうと思っています。

そういう意味で、今回はキリコver.の完成です。

 

前回の記事はこちら。

オリジナル曲「隼」歌のレコーディング【hiBから歌えなくなった】

スポンサーリンク

オリジナル曲「隼」キリコver. 完成

それでは完成した音源をどうぞ。

 

・オリジナル曲「隼」(作詞/作曲/編曲/歌 町田キリコ)

 

今回からは一応歌詞も記載することにしました。よかったら曲と合わせて読んでみて下さい。本当は歌で伝われば一番なんだけど、わたしはミスチルの櫻井さんみたいに言葉を上手に歌えないので。

乾いた素肌を 陽にさらして
見上げた真夏の空

舞い立つ風に 浮かべた過去
全て捨ててしまえばいい

今 羽を広げ 飛び立って

舞い上がれ!

大空へ!

錆付いた感性を 全て脱ぎ捨てて

目を開けて 遠くの一点を見据えれば
隼が心に疼くだろう

もう声色の良し悪しについては書くまい。

 

今回の曲は本当に難産でした。

 

ギターの音色づくりに始まり、度重なるミキシングのやり直し、そして声のトラブル…。本当に大変だった。その分出来上がった喜びもひとしおです。本当に勉強になった一曲でした。

後は何かあるかなぁ…。あ!この曲を作りだして以来、ギターは毎日弾くようになりましたよ。「練習」っていうよりは、久しぶりに真剣にギターと向き合ったらもう楽しくって。演奏はもちろんですが、Zoom G3X(ギターのマルチエフェクター)も比較的日常的に触るようになりました。おかげで現在作曲しているオリジナル曲「Friday Night」ではスムーズにレコーディング出来たような気がします。

参考:シンプルなアレンジで曲を作る

音楽楽しいな。

こんなに手軽に自宅で音楽が楽しめるなんて本当最高です。ありがとうSONAR。ありがとうDTM。

 

※今回もボーカルパートにはボリュームのオートメーションを設定しています。

SONARトラックビュー オートメーションを設定

*ボリュームエンベロープをせこせこ書いた*

参考:オートメーションの使い方【エンベロープを書く】

オリジナル曲「隼」今後の展開

普段の曲なら完成記事を最後に終了なんですが…。オリジナル曲「隼」には今後の展開があります。

前項ではよかった部分をフィーチャーして書きましたが、本当は自分の声が全然気に入ってません。この曲に合ってないと思うんだよね~…自分で作った曲なんだけど 笑。

そこで!冒頭に書いた通り、Ichiに歌入れをお願いしました。

Ichiっていうのは以前「友人の曲をアレンジする」っていうシリーズで曲を提供してもらった友人です。

参考:友人の曲をアレンジする

ちなみにIchiの声はこんな感じ。

 

・「病み上がり」(作詞・作曲・歌/Ichi 編曲/町田キリコ)

 

完全にわたしの主観なんですが、この曲にはわたしの声よりIchiの声の方が合うような気がするんですよね。いやきっと合うはず。

Ichiには忙しい中快く引き受けてもらいました。本当に感謝です。

 

先ほどオケを送ったので、歌が届き次第Ichi ver.を作成し、その完成を持ってこのシリーズを終了にしたいと思います。

お楽しみに。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索