SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

イコライザーの使い方【フィルターの種類やイコライジングの手順】

SONARの使い方

ミックスダウンのコツ

はじめの曲ができるまで

SONAR X1 LE コンソール

こんばんは、キリコです。

今回のDTM記事では、前回行ったイコライジングをもうちょっと詳しく解説しようと思います。え?前回コンプレッサーするって言ってたって?

 

ふふ…何事も予定通りにはいかないのが世の常なのです…。

 

…っていうのは冗談で、実際よくわからなかったでしょ。前回の記事を書いた後、自分でもよくわからず色々勉強してみました。そしたらイコライジングってかなり奥が深いんだよね。で、これはもうちょっと詳しく書かないといけないなって思ったわけです。一応前の記事を読んでおいてね。

歌とピアノのトラックをSONARでイコライジングしてみた

スポンサーリンク

トラックのイコライザーを有効にする

まずはイコライジングしたいトラックのイコライザーを有効にしましょう。

SONAR X1 LE コンソール画面

*イコライザーを有効にします*

SONAR画面下部のコンソールタブをダブルクリックするとこちらの画像になりますので、イコライジングしたいトラックのイコライザーを有効にして、プロパティページを表示します。

SONAR X1 LE イコライジング画面

*これがデフォルト状態です*

プロパティページが開きました。

イコライザの設定が直線ですね。これがデフォルトの状態です。色々いじった後でも、画面の赤丸「Flat」をクリックするか、プリセットをデフォルトに設定すれば直線の状態に戻ります。グラフの見方は、左に行くほど低い周波数(低い音)、逆に右に行くほど高い周波数(高い音)で、上下が音量になります。

イコライザーっていうのは、周波数ごとのボリュームを調節するエフェクター。例えば低音域を大きくすれば重い音になるし、逆に小さくすれば重みの無い軽い音になるんです。

つまり、「イコライジング」とはまさにこのイコライザーの調整をして、音をきれいに整えるっていう作業なのです。

とりあえず一つ一つ使い方を確認していきましょう。

フィルターの種類

フィルターの種類を変えることで、様々なパターンのブースト&カットが出来ます。全5種類ありますので、それぞれを簡単にご説明しますね。

1.ハイパス

SONAR X1 LE イコライジング画面

*こんな画面が続きます*

まずは1~6番までのバンドを全部オフの状態にしました。その方が編集の効果がわかりやすいと思って。

あとね、今回はこんな画像ばかりが続いてつまんないと思いますが、悪しからず。

 

まずはバンド1をクリック。1番の編集ポイントをアクティブにします。引き続きFilterより編集の種類が選べますので、ハイパスを選択しました。ハイパスとは、図の通り指定した周波数より低い音を斜めにカットするパターンです。1番のバンドを起点に、低い周波数を斜めカットしているのがわかると思います。

2.ローパス

SONAR X1 LE イコライジング Lowpass

*さっきと逆だね*

今度はさっきと逆。6番のバンドをアクティブにしてローパスを選択しました。ハイパスの逆で指定した周波数より高い音をカットするパターンです。

3.シェルビングハイ

SONAR X1 LE イコライジング Shelving Low

続いて、先ほどまでのバンドをオフにして5のみをオンに。シェルビングハイを選択しました。指定の周波数より上を全体的にブーストしたり、カットしたりするパターンです。画像ではブーストしてますが、dBを下にすれば逆に小さくなります。

4.シェルビングロー

SONAR X1 LE イコライジング Shelving Low

さっきの逆ですね。指定の周波数より下を全体的にブーストしたり、カットしたりするパターンです。画像ではブーストしてますが、dBを下にすれば逆に小さくなります。

5.ピーク/ディップ

SONAR X1 LE イコライジング Peak/Dip

最後です。なんかフィルターメニューの上下と紹介する順番が逆になっちゃっいましたが、まぁいいか。これは見たまんま、指定の部分をカットしたりブーストしたりするパターンです。

以上、この五種類のフィルターを組み合わせてイコライジングをしていきます。

実際にやってみますね。

イコライジングの手順

イコライジングの基本的な手順をご説明します。

1.まず低音域をカット

SONAR X1 LE イコライジング

*ザックリいっちゃいましょう*

まずは先ほどのハイパスフィルターを使用して低音域をカットします。

実は、この辺りの周波数って人間の耳にははっきり聴こえないんですが、いろんな雑音が入ってるんです。トラックが増えてくるとこの辺の音がカブって、結果的に聴きにくい曲になっちゃうんですよね。なのでしっかりとカットしておきます。1番のポイントを動かしながら、音が不自然にならない程度まで右にスライドします。ある程度までは「キレイになってる」って感じるんだけど、あんまり右に行くと「軽くて味気ない音」になりますので、その境界まで攻めればOK。

2.気になる部分をカット

SONAR X1 LE イコライジング Peak/Dip

*モワッとしたとこを探す*

次はバンド2を使いましょう。Qの値を上げると波形の変化が鋭いカーブになりますので、ピンポイントで周波数を指定することができます。音が割れない程度に思い切ってブーストして、左右にスライドしてみましょう。すると、嫌な音がする周波数があるはずです。モワッと広がっていたり、音に変な癖を感じたり…(主観的ですいません)。いずれにしても、かっこよくないって感じる周波数を探して、そこをカットします。

SONAR X1 LE イコライジング Peak/Dip

*お前なんか嫌いだ*

この時点でずいぶん音がすっきりするはずです。

とにかくイコライジングの基本はカット。

ブーストして良い効果が得られるパターンも確かにあり、音が変わるのが実感しやすいのですが、音の中にはたくさんの邪魔な成分が入っています。ブーストするってのはこれら邪魔な成分もブーストするってことになっちゃうんだよね。なので基本はカットしていきましょう。「一本の木から彫刻を作るイメージ」だそうです。わかりやすいですね。

ちなみに、中音域って本当に気になる部分が多いので、下図のように大まかにカットするのもありです。

SONAR X1 LE イコライジング Shelving High

*こんなやり方もある*

3と4のフィルターをシェルビングハイにして調節してみました。気になるゴミを一網打尽です。参考までに。

3.微調整して完成!

SONAR X1 LE イコライジング ブースト

*たまにはいいでしょ*

最後に微調整して完成です。6をローパスにして、音色に変化がないくらいまで高音域をカットしてみました。で、さっきあれほど「カットが基本」と言ったのに、バンド5をブースト 笑。例えばスネアやベースのアタック音など、注意してブーストするとメリハリがきいてカッコよくなるパターンもあるんですよね~。まぁ、ものは試しです。

結局使い方の勉強より、実際使ってみた時の音の変化の方が大事。色々やってみましょうよ。

イコライジング完成

SONAR X1 LE コンソール

*音量も調節した*

上記の手順で、歌・ピアノ・ベース・ドラム(バスドラ&スネア・ハイハット・シンバル)をイコライジングして、コンソール画面で音量も調節してみました。各トラックのフェーダーをいじれば簡単に音量調節できるよ。

では、ビフォーアフターをお聴き下さい。

 

・イコライジング前

・イコライジング後

 

どうですか?

かなり極端に中音域をカットしたので味気無い音質になっていますが、どんな作業をしたかはきっと伝わると思います。

以上で今まで作ったトラックのイコライジング作業は完成。次回こそコンプレッサーをやろうと思ってます。よろしくお願いします。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索