SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

オリジナル曲「Summer」アレンジ編2【ギターとハモリ】

ミキシングのコツを習得する

Mixing-11 Guitar & More

こんにちは。キリコです。

今日はオリジナル曲の「Summer」にギターとハモリを追加しました。テンポも少し遅めに修正して歌も録り直しましたよ。

 

・Summer(ミキシング前)

 

まだ大分音が散らかっていますね。まだパン振りすらしていないのでご容赦下さいまし。あ、ボーカルとギターにはコンプレッサーだけかけてあります。あまりに聴きずらかったので。

それでは今日のDTM作業をご紹介しますね。

 

前回の記事はこちら。

オリジナル曲「Summer」アレンジ編【ドラムとベース】

スポンサーリンク

Summerのテンポを修正する

この曲を作曲し始めた時からちょっと早いな、と思っていたんです。

で、ギターを録る前に改めてテンポを調節して145BPM→141BPMに修正しました。併せて歌も録り直したんですが…これが辛かった。

SONARトランスポートモジュール テンポの変更

*トランスポートモジュールのテンポ部分をダブルクリックして…*

SONARトランスポートモジュール テンポの変更

*任意の値に変更*

完全に余談なんですがここで愚痴らせて下さい。

 

いや最近ね、持病の副鼻腔炎の調子が悪くて。

副鼻腔炎の症状の一つに「後鼻漏」っていう鼻水が喉に垂れてきちゃうっていうのがあるんですが、そのせいで痰が絡んで全然歌えない!

普段なら多少喉の調子が悪くてもループ録音で何回かテイクを重ねていると1つはまともな歌が録れているもんなんですが、今日は全然ダメ。フレーズの途中で痰が絡みだすともう手に負えません。

暑い防音室に何度も何度も出たり入ったり…。痰を切るために水分を取り過ぎてお腹はタプタプ。マジでこの数分の曲に4時間ぐらいかかってます…。

せっかくの休みなのに何をやってるんだか。

結果的には途中から喉が温まってきたのか痰が絡まなくなって、まぁ普通のテイクが録れました。あぁ疲れた…。

 

以上、愚痴終わり。

Summerにギターとハモリを付ける

さて、これでテンポも決まったことなのでギターパートとハモリパートをアレンジしていきましょう。

まずはギターです。

ギターパートのアレンジ

前回までの予定通りギターはBメロから入ってくる構成にしました。

まずは音源をどうぞ。Bメロの手前からスタートです。

 

・Summer(バスドラ+ベース+ギター)

 

ちょいちょいミスってますがご愛嬌ということで。

結局Bメロはアルペジオ+オクターブ、サビはストロークにしました。

工夫したところはサビの入りです。コードはG#M7なんですが半音下からスライドで入ってきます。まぁ聴いていただいた通りなんですけどね。サビ頭のいいアクセントになったんじゃないかなって思ってます。

ハモリのアレンジ

こちらもまず音源を聴いていただいた方がいいかな。その上でご説明しますね。

音源はわかりやすくハモリの音量を上げています。

 

・Summer(バスドラ+ベース+ハモリ)

 

ハモリパートもBメロから登場します。

サビとの違いを出したかったのでBメロでは主旋律の下を、サビでは主に主旋律の上をハモるようにメロディラインを作りました。上と下では大分印象が違うんじゃないかなと思います。

「また夏が来る」の部分はこの曲の一番の見せ場ってほどでもないんだけどまぁ目立つ所なんで、メロディの輪郭がぼやけないよう、ハモリじゃなくてオクターブ下を歌っています。

ちなみにギターとハモリはループ録音で録りましたよ。

参考:ループ録音

 

試しに先ほどのギターと合わせてみましょうか。

 

・Summer(ギターとハモリ)

 

Bメロからサビへと曲が展開していく感じのアレンジになったかな?

これにてSummerのアレンジ完成

以上でオリジナル曲「Summer」のアレンジは完成です。

 

・Summer(ミキシング前)

 

いよいよ次回から本題のミキシング作業に入っていきますよ。

どんな感じに仕上がるかお楽しみに!

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索