SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「マイナーのバラードを作る」より【2017/7/17更新】 7/17更新

オリジナル曲「Departure」完成

SONAR Professionalを使った初めての曲作り

Restart22 Departure

ついに完成!長かった…。

ぜひ聴いていってくださいね。

 

タイトルは「Departure」です。

 

レコーディング用のCWPファイルを作成することにしました【SONARの重さ対策】

スポンサーリンク

オリジナル曲「Departure」

それではどうぞ。

 

・オリジナル曲「Departure」(作詞/作曲/編曲/歌 町田キリコ)

Departure

そうさ

散らかった荷物 朝日が照らす

ささやかな覚悟と コインは ポケットに

 

見つからないTシャツ さよならは交わした

それほど思うことはない

明日からもきっと いつも通りに

 

街は 移ろいでゆく

 

真っ青な空を 海を 絶望の砂漠を

抗えない現実

逃げ出そう! 弱虫のストーリー

 

ぼくは今日

 

旅立つ

すごくミキシングの練習になったシリーズだった

全22回。

 

SONAR Professionalにアップグレードして初めてのシリーズは非常に長いものになりました。

とりあえず完成して一安心です。

実はミキシングをやり直している際中、何度も諦めて次のシリーズに行こうと思いました。結果的に諦めなくてよかったわけですが、ミキシングで行き詰ると危ないですね。本当に心が折れそうになる。

 

出来上がった曲についてはとても気に入っています。

ちゃんと形になってよかった。

 

ちなみに今日は主に前回予定していたことをやっただけです。レコーディングファイルで本番レコーディングを行い、さらにオートメーションまで設定したファイルをfirst4.cwp(ミキシングの最新ファイル)にコピペ。その後コンガのタイミングを少し前にずらして、ドラムを小さくして、あと微妙な調整をチラホラと。

「この微妙な調整」っていうのが曲者で…どこかでしっかり線引きしないとまた魔界入りしてしまいそうだったので、途中でスッパリやめました。明日聴いたらまた調整し直したくなるかもしれません。ミキシング難しい…。

 

 

今回のシリーズは本当に自分のミキシングを見直す機会になりました。

 

 

結論から言うと、まだまだ全然ダメです。

 

初心者丸出し!無駄な失敗を繰り返しすぎ!

 

…ただ、失敗を繰り返したおかげで問題点というか、やるべきことは前よりずっと明確になった気がしています。

今回のミキシングを通して学んだことは改めて記事にまとめる予定。わたし個人の好みに過ぎないので何の参考にもならないかもしれませんが、読んでいただけたら嬉しいです。

 

それでは、最後に改めて完成音源を掲載しておきます。たくさん聴いて下さいね。

 

・オリジナル曲「Departure」(作詞/作曲/編曲/歌 町田キリコ)

 

あぁ…充実感が半端じゃない。

ダークソウルを初めてクリアしたときぐらいの感じ。たまらんぞ。

 

 

次回シリーズもお楽しみに!

 

それでは!

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索