SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/10更新】 12/10更新

仮歌のレコーディングとミキシングの準備【オリジナル曲「フェイバリット」】

バラードを作る

favorite7 Vocal&Mixing

久しぶりにDTMやろうかな。

あんまり間を空けるとどんなことをやろうとしてたのか忘れちゃうんですよね。

大丈夫、まだギリギリ覚えてます。仮歌のレコーディングをしたかったんだけど、喉の調子とタイミングが合わなくて先延ばしにしてた感じ。

 

というわけで、今日は仮歌のレコーディングをしちゃおうと思います。

 

前回の記事はこちら。

ストリングスとサビ入り口の修正等【オリジナル曲「フェイバリット」】

スポンサーリンク

オリジナル曲に仮歌を入れる

まずは進捗確認から。

 

・オリジナル曲「フェイバリット」

 

っていっても随分久しぶりだな 笑。こんな曲でしたね。やっぱり忘れかけてたみたいで妙に新鮮です。

改めて聴いてみると、アレンジについてはこれで終了で良さそうですね。

前回の時点ではサビにパッド系の音が必要かなって思ってたんですが、I don’t think so(音色の名前だよ)が結構広がりのある音なのでそれで事足りている気がします。

 

それでは早速歌入れしましょう。

音程の幅があって難しい曲だった

はい。

タイトル通り、非常に難しい曲でした。

とりあえず音源をどうぞ。

 

・オリジナル曲「フェイバリット」

 

作ってる時点でそんな気はしてたんですが、やっぱり難しかった。

まずAメロが低い。しょっぱなの出だしが低くて支えのある声になりません。かといって、サビの音程はこれ以上高くしたくないのでキーを上げることはできず…。サビもね、たぶん最高音がhiBぐらいの感じなので声を張れば普通に出る音程なんですが、この曲についてはあんまり張った声で歌いたくないんですよ。そんなイメージなの。で、これ以上キーが上がっちゃうと張らざるをえなくなると思うんです。

 

難しい。

 

Bメロは裏声でいこうかなと思ってます。この音源ではサビ手前のロングトーンのみ実声にしたんだけどどうだろう。いっそのこと全編裏声の方がいいかなあ。もうちょっと迷ってみます。

 

とりあえず、本番のレコーディングまでに低い部分を練習ですね。

ミキシングの準備も済ませることにした

さて。もうアレンジをしないとなればこれで一通り終わったことになるのか。

ってことは次回からミキシングに入るので、ついでにミキシングの準備も済ませちゃおうかな。

 

今回のトラックはこんな感じです。

SONAR トラックビュー MIDIクリップの状態

*あんまりトラックを使ってない*

なんだかスッキリしてますね。この曲ってあんまり音を使ってないんだよな。

トラック1のPiano Stockってやつは、曲を作り始めた時に適当に弾いたピアノのMIDIデータ。トラック9のMelodyは仮歌を入れる前に入っていたピアノのメロディです。どちらも曲には不必要なトラックなので、実際にはもっと少ない使用トラック数になります。

cwpファイルのコピーは取ってあるし、いらないトラック消しちゃうか。

SONAR トラックビュー いらないトラックを削除

*トラックを選択して右クリック→トラック削除*

2つとも消しちゃいました。

次に、MIDIクリップをオーディオに変換します。

わたしの場合、この時点でパンニングやエフェクターをかけてある場合は一回すべてリセットしてから、「トラックにバウンス」機能を使用してオーディオに変換しています。

参考:トラックにバウンス

SONAR トラックビュー オーディオクリップの状態

これでOK。

トラック9~14のSEっていうやつは、Electric Blipzの音をそれぞれ音色毎にトラックを分けたものです。…ってわかりずらいな。

・オリジナル曲「フェイバリット」サビ部分

Electric Blipzはこの音源のピアノ以外の音全部。ポコポコいってたり、未来的なノイズみたいなの全部です。

これを音の種類毎にそれぞれ別のトラックにしたってこと。パンニングとか別々にしたくなるかもなって思って。それだけです。

 

そういえばこの曲ってシンバル使ってないっていうことにこの段階で気づきました。まぁいいか。試しても無いけど、現状で満足してるのでもう十分です。

 

以上でミキシングの準備はお終い!

もちろん恒例のみそぎも行っていますよ。

SONARコンソールビュー

*いちいちボリュームも0にする律義さ*

いやぁ~いつもながらさっぱりしますね。

 

次回からミキシングです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索