SONARの使い方

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「歌の練習がてら小曲を作曲」より【2018/12/12更新】 12/12更新

小曲のアレンジ開始→ほぼ終了【勢い重視】

歌の練習がてら小曲を作曲

Synth Master Playerプリセット「Choir Oberheim MK」

しつこいようですが、今回のテーマはあくまで「歌の練習」。

アレンジもサクッと済ませてしまおうと思います。

 

前回の記事はこちら。

【悲しい】早速仮歌のレコーディング【問題点洗い出し】

スポンサーリンク

小曲のアレンジ開始→ほぼ終了

それでは進捗から。

 

・進捗音源

 

何度聞いても悲しい。自分ではどう歌いたくてこんな有様になったのかがわかるだけに、余計に心苦しいものがありますが…。

まあいい。練習あるのみ。

少しレトロなベースを軸にアレンジしてみました

続いてはアレンジ編です。

まずは今日の完成品からどうぞ。

 

・小曲1アレンジ

 

ベースの音色を探していたところ、何となく懐かしさを感じるような、レトロチックな音色を発見。「あ、いいなぁ」と思ったので、そのいいなぁ感を元に全体を一気にアレンジしました。

いつもの迷わず行けよ精神で、音色の選定を含め約30分で完成。迷ったら負けです。あくまでメインは歌の練習だから。

でも…今改めて聴いてみたらピアノだけそのままになってますね…忘れてた。どうせならピアノも曲調に合わせて、エレクトリックピアノ的な何かにした方がハマるような気が。

次回また考えます。

 

それでは、以下アレンジの詳細を勢いよくご紹介。

音源は全てループ前半のみです。

ベース「Deep Pows1」

Rapture Sessionプリセット「Deep Pows1」

*Rapture Sessionプリセット「Deep Pows1」*

・ベース

どことなくレトロチック印象のある音色!!

今回のアレンジは全てこいつから始まったッッッッッ!!

ドラム「Electric Kicks and Snares」&「Hats+Toms+Cyms Select」

Cakewalk Sound Centerプリセット「Electric Kicks and Snares」

*Cakewalk Sound Centerプリセット「Electric Kicks and Snares」*

Xpandプリセット「Hats+Toms+Cyms Select」

*Xpandプリセット「Hats+Toms+Cyms Select」*

ドラムはこれ!

これ系の曲でしょっちゅう使うこれ(Electric Kicks and Snares)!

と、Xpandのなんかよくわかなんない「Hats+Toms+Cyms Select」とかいうハイハットとタムとシンバルだけの意味わかんないヤツッッッッッッッッ!!

・ドラム

効果音「Mystic Cigarette BT」

Synth Master Player ARプリセット「Mystic Cigarette BT」

*Synth Master Player ARプリセット「Mystic Cigarette BT」*

後ろで、また左右で、ホワホワいっているヤツの正体はコレ!Synth Master Player のプリセットから「Mystic Cigarette BT」!

こいつが実にいい仕事をしてくれたッッッッ!!!

・効果音

パッド「Choir Oberheim MK」

Synth Master Playerプリセット「Choir Oberheim MK」

*Synth Master Playerプリセット「Choir Oberheim MK」*

これも何だかレトロに感じたんじゃないだろうか!!!???

昔の原田知世が出演している類の映画のような味わいが気に入った…ってそんなの伝わるのか!!!???

・パッド

 

 

以上です。

もちろんテーマである歌の練習もしたのですが、途中で何かコツのようなものがわかりかけてきたのでそちらの方に気持ちが行ってしまい、結局録り直すこと無く終わりました。なので音源はこの歌声のままです。

しかし、やっぱり作曲は楽しいですね!

今までもずっとこの方法で歌の練習をしてくればよかった。絶対この方が楽しいです。作曲欲とでもいいますか、何かうっぷんがどんどんはれていくのがわかります。

 

次回こそは歌の録り直しと、ピアノ音色の選定と、あとは終わり方の部分かな。もう少しフェードアウト気味にしたいというか。

余裕があれば、さらにミキシングの準備まで一気に終わらせてしまおうかな、と思っています。

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー