SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「のんびりと音楽スキルを上げていく」より【2017/9/13更新】 9/13更新

歌い方を変えようと思ってます【パート4】

歌が上手くなる方法

Sing14 Progress Report

歌い方を変えるシリーズ第4弾!

…っていうかこれ、たぶんこの先ずぅーっと練習していく事だろうと思うので、もはや「第〇弾」っていうくくりも不自然な気もしますね。

 

ま、とりあえず、第4弾。

 

主に進捗報告です。

 

前回の記事はこちら。

歌い方を変えようと思ってます【パート3】

スポンサーリンク

歌声がどう変化しているのか自分でちゃんと確認しておきたいんだ

今までも時々、参考程度に比較音源は掲載してきたつもりです。

が、実は自分自身でもちゃんと聴き比べてないんですよね。

どうしても気持ちの比重が「歌う」方に傾いてしまい、音源の方は本当に「参考程度」といった感じ。少しは前より良くなった、という実感が得られたらそれでOKというか。つまり何がどう変わってきたのかを具体的にはつかめていないのです。

 

これではイカン。

 

現状をしっかりと把握できていないものに未来はないのだ。わかんないけど。

 

というわけで今日は真剣に音源を聴いて、ここ数ヶ月で声にどのような変化があったのかを確かめてみようと思います。「実はほとんど変わってなかった」というオチももちろん想定内。

 

それではどうぞ。

※音源は古い方から現在に向かって掲載していきます。

 

■2017年2月10日レコーディング

・オリジナル曲「今日のうた(仮)」(作詞/作曲/編曲/歌 町田キリコ)

■2017年4月7日レコーディング

・オリジナル曲「今日のうた(1番のみ)」

■2017年6月12日レコーディング(最新)

・オリジナル曲「今日のうた(1番のみ)」

(この音源は先ほど急遽歌ったもののためボーカルのボリュームにオートメーションをかけていません)

 

なるほど。

自分自身では声が変化していく様子が非常によくわかりますが、これは他人がわかるような差異なのだろうか。

…まぁそれはいいとして、とりあえず気づいたことをダラダラ書いてみようと思います。

2017年2月~現在(2017年6月)までの期間で声がどう変化したのか

1.声質がタイトに変化

声帯の閉じる力に対して当たる息の量が適切になるように気をつけて練習してきました。そもそも、今までが逆に無駄な息を使い過ぎてきた気がしており、むしろ「声を前に飛ばさない」という定説とは逆のイメージで歌ってきたくらいなのです。

そういう意味では最近だいぶ昔よりは上手くなってきた実感がありましたが、その結果がこの変化なんだと思います。

息を使いすぎる(声帯の力が弱いのに声を前に出し過ぎる)と、どうしても無駄に漏れた息が口先にたまってしまい、口先で籠った歌い方になってしまいます。が、適切な声量を声帯でコントロールできている状態では、その辺の調節が容易になるんじゃないでしょうか。きっと。たぶん。

逆に言うと、2月レコーディング音源に見られる息もれがもたらす優しい音質は失われてしまっていますね。

2.音程が前よりシャープした

これはとてもわかりやすいですね。

2月レコーディング音源と6月レコーディング音源では明らかに音程が違います。恐らく…どちらかというと2月音源がフラットしている、という認識でよろしいか。

これも声帯を適切に使えているからということなのかなぁ。

それとも理屈を裏返して、息もれする歌い方がフラットしやすいということかも。

いずれにしろこんなに音程に差が出ているとは思っていなかったので少しビックリしています。

3.言葉の発音が良くなった

…良くなりましたよね??

自分の言葉なのでどうも客観性に乏しいですが…良くなったんだと思っておこう。

これも息が口先で籠らなくなった結果でしょう。

それと前より声帯で無理なく歌うことができるようになった結果、口周りが筋肉がフリーになったせい、ということもあります。

それでもキーが高くなったり、言葉のつながりが難しい部分などは相変わらず言葉がつぶれていますね。歌い方が安定していない証拠だな。

今後の課題です。

4.「息切れする」ということが無くなった

全く無くなったわけではありませんが、歌の途中で息切れして苦しくなる、みたいなことはほぼ無くなりつつあります。

今までどうしてあんなに息をたくさん使っていたのか。

音源だけを聴けば2月レコーディングの方が優しくて疲れない歌い方に聴こえませんか。

 

実際は逆です。

 

実感としては、6月音源では2月音源の半分ぐらいの息量しか使っていないイメージ。本当に全然違うんですよ。声って不思議ですね。

 

 

さて、今回わたしが感じた変化はこのぐらいかなぁ

基本的には自分が変わりたいと思っていた方向に変化してきているので、このままの路線で練習を続けていけば良さそう。

ひとつ欲を出すなら、2月音源のような息もれのある優しい歌い方も気分によって上手に取り入れていけたらいいなぁ~、なんて。それは次の段階ですかね。

 

というわけで、今日は以上です。

自分としてはいい節目になりました。

 

今後の展開としては、とりあえず近日中に今回掲載したオリジナル曲「今日のうた(仮)」を現在の全力できっちりとレコーディングし、(仮)を取って本当の完成という形に落ち着けたいと思っています。

 

お楽しみに!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索