SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/10更新】 12/10更新

Cメロと大サビをアレンジする【オリジナル曲「Friday Night」】

シンプルなアレンジで曲を作る

simple6 Third Verse

いやぁ重い。SONARが。

音が途切れまクリスティで、オーディオのドロップアウトが三度の飯より当たり前に起こります。トラックだってまだそんなに使ってないのに…。

しょうがないからフリーズ機能活用しまくりまクリスティです。

sonar トラックビュー トラック表示部

*カチコチに凍結*

参考:フリーズ機能

フリーズ機能っていうのはMIDIデータを一時的にオーディオデータに変換する機能で、SONARが重いと感じた時の対処法としては超簡単で便利です。実際にこれでドロップアウトが減りました。やっぱりMIDIの再生ってPCには重労働なんですね。ただ、編集するときにいちいちMIDIに戻す一手間がちょっと面倒なんだけど。たかがワンクリックなんだけどね。

重い原因は恐らく、わたしの使用しているオーディオインターフェイス「YAMAHA UW500」。

今回DTMを始めるにあたって押し入れから引っ張り出して大事に使ってきたわけですが、もう物自体が古すぎるんですよね。専用のドライバももはや無い状態で無理やりWindows10に繋げているし。

オーディオ録音なんてもう大変ですよ。

実は、歌もギターも演奏したままのタイミングでは録音できません。

その時のSONARの重さに比例して必ず遅延します。なので毎回録音したクリップを微妙にずらして調整しなきゃいけません…マジで余計な手間ですよね。めんどくせぇ。

 

【結論】新しいオーディオインターフェイスが欲しい

 

というわけでSONARの重さに心折れそうですが、今日のDTMです。

今回はCメロ~大サビにかけてのアレンジを進めていこうと思います。

 

前回の記事はこちら。

2番をアレンジする【オリジナル曲「Friday Night」】

スポンサーリンク

Cメロ~大サビのアレンジ

Cメロ以降は現在こんな感じです。

 

・オリジナル曲「Friday Night」Cメロ以降

 

そうそう、前回ノリでCメロの頭部分まで作ったんだんだった。ドラムはハイハットからライドシンバルにチェンジして、ベースは刻みパターンです。この感じでアレンジを進めればよさそうですね。

Cメロ~大サビ ドラムアレンジ

ドラムはCメロ途中から一番初めにコピペしたシンプルなパターンの繰り返しになっており、ちょっといじれば最後まで行けちゃいそうな気配。というわけでCメロをライドシンバルありきで編曲してそのまま一気に終わりまで作っちゃいました。

 

・オリジナル曲「Friday Night」Cメロ~大サビ ドラムアレンジ

 

ライドシンバルいいですね。雰囲気がガラッと変わります。

たまにスタジオに入った際に遊びでドラムを叩かせてもらうんですが、実際の生ドラムでもライドシンバルの音って好きなんですよね~。普通のシンバルよりも色っぽい感じがして。

最後の大サビは2番までのノリを踏まえて普通にアレンジしました。結果、このままだとCメロがこの曲で一番盛り上がる部分になりそうです…が、サビのハイハットを空けてもうちょっと盛り上げても良さそうな気もする。最後までアレンジしてから試してみることにします。

Cメロ~大サビ ベースアレンジ

つづいてベース。

Cメロは前回作った通り刻みパターンで、その後は普通にアレンジしてみました。

 

・オリジナル曲「Friday Night」Cメロ~大サビ ベース追加

 

やっぱりベースもCメロが一番印象的で目立ちますね。Cメロはまだちゃんとしたメロディーが無いんですが、こうなってくると是非かっこいいメロディを作って盛り上げたい。どうしようかな。楽しみだな。

Cメロ~大サビ ギターアレンジ

最後にギターアレンジです。

本当はRhodesパートが残ってるんだけど、Rhodesパートは歌のメロディと絡めたアレンジにしたいのでメロディが出来上がってから改めてアレンジしようと思います。

 

・オリジナル曲「Friday Night」Cメロ~大サビ ギター追加

 

ん?Cメロ後半でピアノと違うコード弾いてるな。不協和音 笑。直しときます!

今回のギターの歪みについては本当にイメージ通りにできました。歪み音色には色々と苦労させられているのでとりあえず一安心です。

 

今日はこれでお終い。

アウトロどうしようかな。今はスパッと終わってるんだけど何かもう一展開あってもいい気がする。これも一通りアレンジ終わってから考えましょうかね。

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索