SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/10更新】 12/10更新

アップテンポ曲にベース・ピアノを追加してMIDIはほぼ完成!

アップテンポの曲を作る

Up-tempo4

風邪、良くなりました。

我ながら体力が落ちてるなぁ…と実感する今日この頃。マジで風邪ひきやすくなった。

運動しなきゃね!!

 

今日は、SONARを使ってアップテンポ曲に一気にベースとピアノを追加しましたよ。

 

・アップテンポ曲 ベースとピアノ追加

 

各トラックのボリュームとパンだけザックリ調節してあります。材料は大体揃ったかなって感じですがいかがでしょうか。後は細かいアレンジを残すのみ。たぶん。

それでは今日のDTM作業をご紹介しますね。

 

前回の記事はこちら。

SONARでイントロ作成&ギターアレンジ終了

スポンサーリンク

SONARでベースを追加する

まずはベースを追加します。

音色はこれ。

Cakewalk Sound Center画面 Simple Fingered2

*Simple Fingered2っていう音色にした*

Cakewalk Sonnd Center の【Type】Bass > 【Subtype】Electric Bass > 【Program】 Simple Fingered2をチョイスしました。

お気に入りの音で今までも結構使用しています。

まずは追加したベースの音源を聴いてみて下さい。

 

・ドラム+ベース

 

曲に合わせてサビとメロでベースのリズムに変化を付けてみました。

サビの部分は言ってみれば「行進」のような拍の頭を取るリズムで、Aメロからはバスドラと一緒に跳ねたリズムを弾いています。Aメロの途中ではキーボードのピッチベンドコントローラーをいじったりして少し遊んでみました。

SONARでピアノを追加する

続いてピアノです。今日のDTMは特に工夫した部分もないのでどんどんいきますよ。

音色はこれ。

Cakewalk Sound Center画面 Mini Piano(dry)

*普通のピアノです*

Cakewalk Sonnd Center の【Type】Piano > 【Subtype】Acoustic Piano > 【Program】 Mini Piano(dry)を選択。

ごく普通のピアノの音です。

ピアノもまずは音源をどうぞ。

 

・ドラム+ピアノ

 

ノリはベースと一緒です。サビはわかりやすく拍の頭にアクセントを置き、Aメロからはリズミカルにって感じ。まぁ曲自体がそういうノリだから当然そうなるわけで。

本当はもっと遊んでみたいんだけど、いかんせんテクニックが足りなくてこれが限界です。もちろんDTMなので手動でノートを追加すればもっと豪華になるんだろうけど…。

…ね。ほら。

 

面倒でしょ。

 

弾いてるうちに勝手に上手くならないかな。

更に、こうしてピアノ単体で聴いてみると結構音がしょぼいですね。また時間がある時に、フリーでピアノのいいソフトシンセがないか探してみようと思います。

 

参考までにピアノとベースを組み合わせた音源も掲載しときますね。

 

・ドラム+ベース+ピアノ

 

各パートのリズムの感じはよくまとまっているんじゃないかと思います。

アップテンポ曲 MIDIの各パート完成

あらためて今日の完成音源をどうぞ。

 

・アップテンポ曲 ベースとピアノ追加

 

これでMIDIを使用するパートは全部出来上がった感じですね。

 

残りのDTM作業は、

・BPMの見直し → もうちょっと遅く

・ギターの録りなおし → 薄く歪ませる予定

・歌の録りなおし → 歌詞も書かなきゃね

・ハモリの作成 → まだどんなハモリにするか全然考えてない

・ミキシング

こんなところでしょうか。

 

BPMを変えて軽く歪んだギターを入れるだけでかなり雰囲気変わりそうですね。楽しみ!次回そのあたりを進めていこうと思います。

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索