SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「SONAR Professionalに慣れる!」より【2017/7/24更新】 7/24更新

新シリーズ「バラードを作る」スタート

バラードを作る

favorite1 Piano

早速ですが新シリーズを始めます。

前回シリーズ終わってないんだけどね。歌詞を書くのに時間がかかっちゃいそうなんで同時進行で新シリーズを始めることにしました。早く書かなきゃ、とか思ってると遊びが仕事みたいな気分になっちゃってつまんないからね。とりあえず新シリーズに着手しつつ、歌詞が浮かんだら仕上げるつもりです。

 

で、新シリーズのテーマなんですが…今回はバラードに決めました。

今までもバラードっぽい曲は書いてるんだけど、バラードを書こうと思って書いたバラードじゃないから。今回はバラードを作るつもりでバラードを作るんだから。何が違うのかって?それはもう完全に気持ちの問題ですね。気の持ちよう以外の何物でもありません。そういう種類の自己満足です。

まぁそんなことはどうでもいいんだ。バラード作ろうぜ!Hey!

スポンサーリンク

とりあえずピアノをポロりと弾いてみる

なんとなくバラードっぽい気持ちでピアノを弾いてみました。

イメージはゆったりとした感じで…明るい様な…暗い様な…朝の風が吹いたと思いきや嵐が吹き荒れそして離陸した旅客機はエンジントラブルで不時着したような…もしくは美味しい牛肉から滴り落ちる肉汁のような…つまり適当に弾いたって事です。

出来上がったのはこんな感じ。

 

・オリジナル曲

 

とにかく言い訳抜きでピアノが下手なので演奏がヨレヨレなのは許してください。いずれテンポを決めた上でSONAR様の機能「クォンタイズ」を使えばあら不思議、それっぽくなるので現段階ではご勘弁を。

雰囲気は結構気に入りました。この路線で行こうと思います。

が、同じようなフレーズが続いてしつこくないですか?高いとこから降りてくる…また高いとこから降りてくる…みたいな。

メロディの微調整が必要そうです。

メロディを微調整してみる

というわけでちょっと気になるポイントを部分的に直してみました。こういうことが簡単にできるからDTMって楽しいですね。

部分的にMIDIノートを移動させたり、消去して録り直したり。演奏としてはどんどんつぎはぎになっていきますが、微調整する分には十分です。便利な世の中だなぁ。

そんなわけで修正版その1。

 

・オリジナル曲修正版その1

 

繰り返しのパターンがしつこいと感じる部分を変えたんですが、今度はちょっと突拍子もない感じになっちゃったかな…。いい意味での変化球ならいいんですが、Aメロ後半からBメロ前半にかけての部分とか結構暴投気味??

さらに修正を重ねたものがこちら。

 

・オリジナル曲修正版その2

 

うん。大分良くなった気がする。これで行きましょう。

結構サクッと出来ました。

ただ、このメロディは完全にピアノの語り引きから出来ており一切口ずさみながら作っていないので、キーやブレスの位置を調節しないと歌えない可能性が大です。そもそも今のままだと普通にHiC連発してるからたぶんきれいに歌えないな。声は出てもイメージ通りにならなそう。

次回はテンポやドラムを考えつつその辺を詰めていきたいと思います。

 

ちなみに。

 

今回の曲はフェイバリットという題名です。なんとなく歌詞のイメージがあるので先にタイトル付けちゃいました。

良い曲になるといいな~。

Twitterもやってます!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

Twitterもやってます!

記事検索