SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/10更新】 12/10更新

SONARでIchiの曲にギターを録音した

友人の曲をアレンジする

Arrangement 編曲

今回は、SONARを使ってIchiの曲にギターを録音してみました。

 

早速今日の音源をどうぞ。

編曲した部分がわかりやすいようにドラムは抜いちゃいました。ピアノパートは消すつもりだったんだけど、結構コードの雰囲気を支えてくれているので現段階では残してあります。つまり音源は歌とギターとピアノってこと。

 

・「病み上がり」にギターを付けた

 

ちょっとまだ自分でも全様が見えてこない部分があるんだけど、まぁ途中だからね。

これからどんどんかっこ良くしていきますよ!

 

それでは今日のアレンジ作業の詳細をご紹介します。

 

前回の記事はこちら。

8ビート曲のコンプレッサーが難しすぎる

スポンサーリンク

ギターアレンジを考えるっていうか弾く

どうせあれこれ考えても何にも浮かばないんだ。わかってる。とにかく弾いた方が早いから、SONARのループ設定して適当に何度も弾こう。

ループの使い方はこんな感じ。

SONAR X1 LE ループの設定

ループボタンを押してループ区間を設定したうえで録音を開始しましょう。すると指定区間でループする度に新しいテイクが録音されていきます。もちろん前のテイクに上書きされるわけではなく、どんどんテイクがたまっていく形になるので録音終了後に録ったテイクの中からゆっくりベストテイクを選べますよ。演奏や歌に集中できる録音方法なのでお勧めです。

Aメロのギターアレンジ

まずは基本のAメロ。

原曲のギターがとてもいい感じだったのでそのまま頂きました。

 

・「病み上がり」Aメロ ギター

 

本当はアコギで録りたかったんだけど、わたしの作曲作業は主に夜9時以降に行われるので、近所迷惑的な意味で泣く泣く諦めたんです…。折角の楽しい音楽で他人に迷惑かけたくないからね。頑張って自作した防音室も、アコギを持って入るにはちょっと狭くて。残念です。

で、エレキギターのプレーンな音をエフェクトでちょっとアコギ風にしてみました。本物のアコギの音質には遠く及ばない感じだけど、まぁいいか。

Bメロのギターアレンジ

続いてBメロ。曲が展開していく重要なパートです。

 

・「病み上がり」Bメロ ギター

 

Aメロではアルペジオでコード弾きをしたのですが、Bメロの頭から単発のストロークで余韻を持たせる感じにしました。そしてコードが展開する部分からはまたアルペジオに変えています。

聴いていただいた通り、Bメロからは味付けのギタートラックも追加していますよ。

 

・味付けギタートラック抜粋 前半

「チャ~ン……」って 笑

 

・味付けギタートラック抜粋 後半

 

単体で聴くと非常につまらないですね 笑。さっきのBメロのギター音源と聴き比べてみて下さいな。

サビのギターアレンジ

最後にサビです。

ここからピックでのストロークに変わります。強く弾くと曲の雰囲気を壊してしまいそうだったので、ピックを軽く持って上品なアタックを心がけました。

 

・「病み上がり」サビ ギターアレンジ

 

マイナーの響きが強くなり過ぎないように、味付けトラックに音を加えてあります。

逆に味付けが効きすぎてマイナーの強い響きが損なわれていますが、これからベースをつければ解消されていい感じになるはず(予定)です。

 

今日はここまでにしようかな。

 

最後に、上記を踏まえて改めて今日の音源をどうぞ。

 

・「病み上がり」にギターを付けた

 

それでは!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索