SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/10更新】 12/10更新

オリジナル曲2番のドラムアレンジ

初心に戻って曲を作る

Back to basics6 Drums second

あれ?

どこかでアイキャッチ画像のナンバリングをミスってますね。まぁいいか。次回から直しときます!すいません。

 

ところで。

 

先日、夜の7時に寝て次の日の朝6時に起きるっていう快挙を成し遂げました。すごいでしょ。小学生じゃないんだから 笑。もちろん途中で何度か起きましたけどね。寝始めてしまった時点で「途中で起きたら絶対生活リズム狂う」という確信があったので気合で寝ました。DTMも出来なかったしギターも練習しなかったけど、心はとても晴れやか。すっきり。Everybody Go Go スッキリ~って感じ。

なんであんなに眠かったのかよくわかんないんだけど、眠い時は寝るに限るね。そして食べたいときは食べるに限る。

 

というわけで、音楽がやりたいので今日もDTMやります。

 

前回の記事はこちら。

仮歌とギターのレコーディング【すっごいスムーズ】

スポンサーリンク

オリジナル曲2番の作成にとりかかる

それでは前回までの進捗!

 

・オリジナル曲(1番)

 

ドラムアレンジでは非常に苦労したこの曲ですが、その後ベースアレンジからはガッキーの降臨により非常にスムーズに進み、仮歌、仮ギターと一気に出来てしまいました。煮詰まった心も解きほぐれ、今は高原の清流のように清らかな状態。再び初心を取り戻しています。ほほえみ…。

もう1番はこんなもんでいいか。

今日から2番に取り掛かろうかな。

2番もドラムアレンジから

実は雰囲気的にベースから取り掛かろうとしたんですが、やっぱりドラムアレンジが無いとベースラインが上手に出来ないことが発覚。

しょうがないので2番も1番同様ドラムアレンジから手を付けていこうと思います。

まずはピアノをコピペして雰囲気を見てみよう。

 

オリジナル曲2番(ピアノコピペ)

 

出だしのピアノは刻みパターンに変えました。

Aメロの出だしは勢いでちょっと作ってありますが、素直にそのまま作っていけばいけそうな感じですね。

とりあえずバスドラとスネアをノリで叩いてみます。

 

・オリジナル曲2番(バスドラとスネア)

 

ベースとギターが頭だけ入っていて変な感じですが、今回はこのまま行こうと思います。

どうだろう。やっぱりこのまま行けそうですね。

1番は結構工夫したドラムパターンにしたので、2番はごく普通の感じにしてメロディを聴いてもらう、みたいなコンセプトにしよう。

2番のドラムパターンを詰める

路線が決まったのでもう少しアレンジを詰めていこうと思います。

まずはハイハット。

 

・オリジナル曲2番(ハイハット)

 

A・Bメロではハイハットを閉じて、サビで開ける。

もう何度も使いまくったこのパターンをまた使います。何しろ「初心に戻って曲を作る」んだから。決して手抜きではない。あくまでテーマに沿っただけなのだ。

1ループ打ち込んで後はそれをひたすらコピペしただけなので、部分的にバスドラ・スネアに合ってない箇所がありますね。

そんな箇所を修正しつつ、シンバルやタムを加えつつ。

 

・オリジナル曲2番 ドラムアレンジ

 

とりあえず今日の所はこんな感じで良しとしよう。

ベースやギターを追加したときにまた気になる部分があったら直せばいいかな。自分の中でなんとなく全体像が出来上がってきており、一安心してます。

 

次回はベースと、時間に余裕があればギターのレコーディングをしますね。

 

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索