ウサギ屋 本店

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「歌の練習ついでに一曲作る」より【2019/3/07更新】 3/07更新

仮歌をレコーディング【ちょっとキーが低いかも】

マイナーのバラードを作る

Ballade10 Vocal1

8月になりました。

いつもいつも同じことを書くのは気が引けますが、最近本当に時間が経つのが早い。おじさんになった証拠です。自分に大切なことは何なのか、しっかりと見極めて時間を使っていきたいものです。なかなか難しいんですけどね。

 

さ、今日もせっせとDTMやりますよ。

 

前回の記事はこちら。

1番のギターパートをレコーディング【仮ギター録り】

スポンサーリンク

ノイズを処理して仮歌入れて

進捗ぅぅぅ~!

 

・マイナーバラード曲 進捗音源

 

前回はイントロ~2番にかけての仮ギターをレコーディングしました。

今までギターシンセで代用していたためかなり雰囲気が変わったんです…が、ノイズがやべえな。なんとかしなきゃ。

 

とりあえず、今日のメインは仮歌のレコーディングをする予定。

歌う前にギターのノイズを何とかしよう

でもあれだな、先にこのノイズを何とかしないと気持ちよく歌えない気がする。

ReaFir様にお願いしますか。

ReaFir コントロールパネル

*ReaFir コントロールパネル*

参考:「ReaFir(ノイズリダクション)」のダウンロード方法と使い方

 

このReaFir様、動作が重いのが悲しいところなのですがそのぶん効果は絶大。音の裏側で鳴っているノイズも除去できる優れものです。もちろんフリーのVSTプラグインですのでよかったら使ってみてください。もちろん、インストールは自己責任でお願いします。

 

早速効果のほどを。

 

・ギターパート(ReaFirをかける前

 

・ギターパート(ReaFirをかけた後

ReaFir画面

*ノイズリダクション設定(オート設定)*

 

ほぅらスゴイ。

もちろん音質も変化していますがこの程度なら、ね。

ちなみにReaFirはそれ用に新設した「G noise」バスに挿し、そのバスに全てのギターパートを通すことでまとめてノイズリダクションしています。

SONAR画面 コンソールビュー

*バスに挿して*

  ↓

SONAR画面 トラックビュー

*まとめてアウトプット*

 

よし、これで歌う気が出てきたぞ。

仮歌のレコーディング【防音室が暑い】

気は出てきたんだけどなぁ…防音室の中が暑いんだよなぁ…。

時間をかけずにさっさと歌いましょう。

 

・マイナーバラード曲 仮歌入り 1番(全体音源は最後にご紹介します)

 

…いやいやいや…すっげぇ時間かかったし…。

端的にいうと、サビ以外のキーが非常に低く、とても難しい。

困ったなぁ。声の響き的にはこのぐらいがちょうどいいのですが何しろテクニックが足りません。幸い現状の最高音はhiBなので、上にはもう少し声の余裕があります。もしかすると本番レコーディングきっかけで半音~全音上げるかも。まだわかりませんが。

 

でだ。

 

1番はこれでいい。でも2番はこのままだと少し物足りない感じがする。

というわけで、試しに2番だけにハモリを入れてみました。

 

・マイナーバラード曲 2番 Bメロからハモリ入り

 

どうでしょう。一応、一日置いてから改めて確認しようと思います。

それでは全体像をどうぞ。

 

・マイナーバラード曲 仮歌入り(2番のみハモリ入り:Cメロ以降はアレンジ途中)

 

曲のラスト部分はメロディが抜けていますが、まだ作っていません。歌詞ありきで考えようと思っています。最後のお楽しみという感じでしょうか。

 

それでは今日はここまで!

いよいよアレンジ作業も大詰めです。

 

次回もお楽しみに。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー