SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「のんびりと音楽スキルを上げていく」より【2017/9/13更新】 9/13更新

SONARで作った全ての音源一覧【2017年5月】

全ての音源一覧

All Parts5 2017

こちらの記事では、2017年5月にSONARで作成したDTM音源を一覧で掲載しています。DTM初心者が作った音源なので音量がまちまちです。注意してお聞き下さい。掲載順は下に行くほど古いものになります。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

2017年5月音源一覧

記事「ギターを最後まで録ってアレンジ終了です」より

・アップテンポのオリジナル曲 ギターアレンジ終了

・【参考】ギター・ピアノのみ(イントロ終わりから)

記事「ギターアレンジの続き【キーを変えたので弾き直しました】」より

・Aメロからギターを入れてみた(音源はBメロまで)

・ギター+ピアノ+ストリングス(イントロ終わり~Bメロ)

記事「2曲目に仮歌を入れた。ただそれだけです。」より

・アップテンポのオリジナル曲 今日の全体像

記事「風邪をひきたくない【切実】」より

・2016年5月23日の歌日記

記事「オリジナル曲「東京」完成」より

・オリジナル曲「東京」(作詞/作曲/編曲/歌 町田キリコ)

記事「仮歌を入れたらキーが高かったので調整しました」より

・イントロ仮歌(Cメジャー)

・イントロ仮歌(Bメジャー)

・イントロ仮歌(A#メジャー)

・イントロ仮歌(キーはBメジャーで決定)

記事「カレーなどの煮込み料理を作る時は火の元に気を付けてよね」より

・2016年5月17日の歌日記

記事「病み上がりあるある「普通のことが普通に出来るだけでまるもうけ感がすごい」」より

・2016年5月16日の歌日記

記事「【2曲目アレンジ】ストリングスとギターその1」より

・アップテンポのオリジナル曲 ストリングス追加後

・ピアノ(伴奏)とストリングスのみ

・Aメロにギターを入れてみた(伴奏ピアノとギターのみ)

記事「【2曲目アレンジ】ドラムとベース」より

・ドラムパターンのアイデア

・4ビートのドラムを全体にコピペ

・4ビートのドラムを更にアレンジ

・イントロのドラムアレンジ

・Aメロ・Bメロのドラムアレンジ

・サビのドラムアレンジ

・アップテンポのオリジナル曲 今日の全体像

記事「引き続きピアノで作曲【2曲目を終わりまで作成】」より

・イントロ~Aメロの頭(サビの終わりから)

・Aメロ メロディ入り

・Bメロ メロディ入り(Aメロ後半から)

・アップテンポのオリジナル曲 今日の全体像

記事「風邪声なので2曲目の作曲にとりかかります」より

・アップテンポのオリジナル曲

記事「無料アンプシミュレーター「Amplitube」で遊びながら音作り」より

・ギター(ライン直結 ノーエフェクト)

・Amerigan Tube Clean1(プリセットそのまま)

・Amerigan Tube Clean2(プリセットそのまま)

・British Tube Lead1(プリセットそのまま)

・Solid State Bass Preamp

・スプリングリバーブを最小に変更

・キャビネットやレコーディングルームの設定を変更

・Amplitubeで作ったクランチサウンド

・Amplitubeで作ったクランチサウンド その2

記事「「Softube Drawmer S73(マスタリング用マルチバンドコンプレッサー)」の使い方と音色紹介」より

・オリジナル曲「Departure」サビのみ Drawmer S73未使用

・CLARITY1

・CLARITY1 AIR ON

・NEUTRAL

・BASS PUNCH

・WIDE MIX

・VOCAL ENHANCE

記事「「Softube TSAR-1R(リバーブ)」の使い方と音色紹介」より

・リバーブをかけていない音源

・PREDELAY 0

・PREDELAY 50

・PREDELAY 200

・PREDELAY 200 DRY/WET 40%

・Time「Studio」

・Time「Room」

・Time「Hall」

・Time「Large Hall」

・Color「Neutral」

・Color「Dark」

・Color「Bright」

記事「そしてミキシング終了【リバーブ重ねがけ】」より

・ゆったりしたオリジナル曲 今日の全体像(ミキシングまで終了)

 

以上です。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索