SONARの使い方

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「自由に作曲【テーマ無し】その2」より【2018/8/30更新】 8/30更新

脚部と腕部の製作【HGシャアザク】

プラモデル初心者のガンプラ製作記

HGシャアザク 腕部素組完成

HGシャアザクの製作第2弾。

慣れないやすり掛けに時間を取られてしまい、音楽に輪をかけての牛歩となっております。

 

前回の記事はこちら。

HGシャアザクの足部を作成【やすり掛けとか】

スポンサーリンク

まずは素組の完成を目指して

製作中にいくつか気になる部分、つまりは「後で直したい部分」が見えてきましたが、兎にも角にもひとまず素組で完成させてから、全体のバランスをチェックしつつ考えてみようと思います。

脚部の製作

まずは前回の続きで、脚部から。

HGシャアザク-太もも

*ね。これ。*

これですよ。ゲート跡。

これを400番 → 1000番 → 1500番 → 2000番の紙やすりで順番にやすり掛けしていくわけですが。

 

すんごい時間かかるの。

 

もう少し省ける作業があるといいんだけどなぁ。

しかし、わたしの場合は一切塗装をせず最後まで作ろうと思っているため、キレイにしておきたいことはおきたいわけで。

HGシャアザク 太もも ゲート跡処理後

*こんな感じね*

2000番まできっちりやすると、この程度までにはキレイになります。

まぁねぇ…この作業を経ることでパーツに愛着が湧いて「なんだかホッコリする」のも事実。

もう少し我慢して続けていれば慣れるかもしれないし。

HGシャアザク 脚部素組完成

*脚部の素組完成*

一通りゲート跡だけ処理をして、脚部を完成させました。

「ザク」って感じがしますなぁ~!この丸み。シンプルさ。良い!

腕部の製作

続いて腕部です。

腕部の製作に使用するパーツ群を全てゲートから切り離し、一気にゲート跡の処理を終わらせました。

HGシャアザク 腕部のパーツ

*なかなか大変ぞ*

気が向いた日の夜、Amazon Primeで海外ドラマかなんかを見ながら小一時間ほどプラモをやっているんですけどね…この作業だけで2~3日かかっているという事実。

 

…いや、でもまあ…それはいいのか。

そのぐらいゆったりとやったほうが、長く楽しめるっていう話もある。

 

じゃあそれはいいとしても、この作業をしていると指先の筋肉が死ぬのだけは何とかしたい。

HGシャアザク 腕部素組完成

*腕部の組み上げ、完了!*

しつこいようですがやっぱり「ザク」感が半端ねぇ~!

いいね。とてもいいよ。

左肩のスパイクもいいけど、右肩のアーマーがすごくいいよ。

 

 

というわけで、今日はここまで。

 

次回はボディーと頭部の製作をする予定。もしかしたら素組を完成させるところまでいけるかな~なんて考えています。

お楽しみに。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー