SONARの使い方

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「歌の練習がてら小曲を作曲」より【2018/12/12更新】 12/12更新

けんちん汁風のつけ汁でお蕎麦を食べようと思う

今日のご飯

けんちん汁風のつけ汁でお蕎麦を食べる

以前けんちん汁風のつけ汁でうどんを食べたことがありました。

参考:けんちん汁風のつけ汁でざるうどんを食べる

うどんがいけるならお蕎麦もいけるんじゃないかな~って思って。

 

試してみることにします。

 

前回の記事はこちら。

鶏塩鍋の〆にはやっぱり塩ラーメンが良い

スポンサーリンク

けんちん汁風のつけ汁でお蕎麦を食べようと思う

じゃあ早速、作るぜ!

材料の下ごしらえ

いつもの通り出汁から、いってみるぜ!

昆布で出汁を取る

*乾燥昆布を水に戻して沸騰寸前まで加熱*

さらに鰹節で出汁を取る

*取り出したら厚切りの鰹節を投入*

出汁完成

*出汁完成!*

この間に具を用意しておくぜ!

大根とニンジンを切り揃えておく

*大根はいちょう切りに、ニンジンは半月切りに*

こんにゃくは手でちぎって熱湯にくぐらせておく

*こんにゃくは手でちぎって熱湯にくぐらせ、ざるに取って*

ゴボウを斜めに切って水にさらしておく

*ゴボウは斜めに切って水にさらしておく*

以上~!少々寂しいけど冷蔵庫の残り物を利用した結果だぜ!

 

いつにも増して駆け足で、下ごしらえをお送りいたしました。

失敬。

けんちん汁風つけ汁 調理開始

 

ここから減速。

 

先ほど用意した材料をお鍋で炒めます。

材料をお鍋で炒める

*材料をお鍋で炒める*

ごま油を使おうか迷ったのですが、今回は普通の油を使用。香ばしくなるまで中火でじっくり目に炒めましたよ。

画像にはありませんが、これまた残り物の超薄切り豚バラを最後に入れてサッと炒め合わせました。

 

具がいい感じに炒まったら、いよいよ出汁を投入します。

出汁を入れて煮る

*灰汁はこまめにすくって*

灰汁が落ち着いてきたら、酒、みりん、砂糖、しょうゆで味付け。

つけ汁にするつもりなので、最終的にしょっぱ目になるように注意しながら、約15分間煮込んだものがこちらです。

15分ほど煮たら完成

*いい感じに見えるが…?*

見た目にはいい感じなのですが、なにしろ「つけ汁」ということで、普段作る煮ものとはわけが違います。

実は、しょっぱ目を狙って何度も味見をした結果、途中で舌がバカになってよくわからなくなっちゃった。なんか見た目の煮ものっぽさに感覚が引っ張られちゃうんだよなぁ。恐らく大丈夫だとは思うんだけど。

これって…ミキシングでの魔界入りに酷似した感触じゃないか…くわばらくわばら。

けんちん汁風のつけ汁で食べるお蕎麦 実食!

とはいえ、お皿に盛ってみるとそれなりに見えるのが不思議なところです。

けんちん汁風のつけ汁でお蕎麦を食べる

*ほら。大丈夫そうじゃない?*

けんちん汁風のつけ汁

*お汁はこんな感じよ*

軽く七味を振りました。めっちゃ旨そう。

それじゃ、いただきまーす!

けんちん汁風のお蕎麦-実食

*いただきます!*

 

パク…

 

 

 

むむむ…

 

 

こりゃぁぁぁ~~…

味うっっっすい。

 

えぇぇ!そんな馬鹿な。濃い目に味付けしたはずだし、色合いも麺つゆっぽい深い色だし、これはもしかしてまだ舌がバカになっているのか!?

落ち着いて水を飲んで…もう一口。

 

 

うん、うっすい。

 

 

そして家族みんなの感想。

「味がさぁ、薄いよね。」

 

 

 

はい。

 

味が薄いということが確定いたしました。ありがとうございました。

仕方がないので市販の麺つゆを加えて調節することに。トホホ…。

画像の量に麺つゆを大さじ一杯ほど加えるとあら不思議。ピタッといい塩梅になりましたよ。もう一息だったんですねぇ…惜しい。

 

塩味も決まったところで肝心の味なんですが、これがまた笑えるぐらい普通なんです。なんていうか、めんつゆに豚肉とゴボウと大根とニンジンを浮かべた、ただそれだけの味。

おかしいですよねぇ。うどんの時はあんなに美味しかったのに。鶏肉?油揚げ?三つ葉?ごま油?とにかく何かが決定的に足りません。そもそも蕎麦が合わないってことはないと思うのですが。

 

子どもたちは本来ざるそばが大好きなのですが、いつもの汁と違っていて不服そう(食べにくそう)だし。

わたしと妻は「何だか普通だね(苦笑)」といった具合でお互い目を合わせ、なぜか笑いがこみ上げてくる。そんな謎のシチュエーション。

 

久々に負の料理を生み出してしまった。

 

これ、始めから暖かい蕎麦として作ればうまくいきそうな気もします。

そのうちリベンジしてやるぜ!

 

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー