SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「のんびりと音楽スキルを上げていく」より【2017/9/13更新】 9/13更新

ウドと豚バラの油味噌炒め

今日のご飯

ウドと豚バラの油味噌炒め 完成!

手持ちの画像を整理していたらご紹介し忘れていた料理を発見。

以前Ichiに頂いた山菜類に含まれていたウドで油味噌炒めを作った時のものです。

参考:根曲がり竹の焼きタケノコ

完全に時季外れになってしまいましたが、せっかくなので記事にしておきますね。

 

なんだか最近は炒め物ばかりご紹介している気がしないでもない。

 

前回の記事はこちら。

黒あわび茸と万願寺甘とうがらしの醤油炒め

スポンサーリンク

ウドや他材料の下ごしらえ

これがIchiにいただいたウドです。

新鮮なウド

*採りたての新鮮なウド*

スーパーに売っているものよりだいぶ小ぶりで、そして緑色ですね。これは若いということなのか…な?知識不足でわかりません。いずれにしても採れたてだったのでとても瑞々しい手触りでしたよ。

穂先の部分は分けておいて天ぷらにします。っていうかしました。

ウドの穂先は天ぷらに

*穂先の天ぷらももちろん美味でした*

肝心の茎ですが、短冊切りにしたらすばやく酢水につけておきます。

ウド 酢水につけてあく抜き

*身の色も緑ですね*

約5分ほど漬けてあく抜きをします。変色を防ぐ効果もありますよ。

この間に他の準備もしちゃいましょう。

豚バラは食べやすい大きに切り分け、

豚バラを切り分ける

*このぐらい厚みがある方が好き*

にんにくはみじん切りにし、

にんにくをみじん切りに

*このぐらい粗い方が好き*

油味噌の合わせ調味料もあらかじめ作っておけば、

油味噌の合わせ調味料

*油味噌は甘めの味付けが好き*

後は炒めるだけ。

全部わたしが好きなように準備しました。みんなの好みを考えるのも楽しいけど、こんな自分勝手な料理もまた楽しい。

ちなみに合わせ調味料は味噌・酒・みりんほぼ同量を基本に、砂糖でしょ、それと少量の醤油も加えたような気がします。顆粒出汁も少し入れたかな。

…時間が経って忘れちゃったぜ。まぁそんな感じ。

ウドと豚バラの油味噌炒め 調理開始

もう合わせ調味料も作ってあるので、ここからは炒めて和えるだけです。

フライパンに豚バラ投入

*まずは豚バラを投入*

豚バラはじっくりと、いい色になるまで炒めたいところですが…やっぱりこのセラミックフライパンって使いにくいんだよなぁ。未だにおっかなびっくり使っています。だって油断するとすぐ焦げ付いちゃうからね。わたしの使い方の問題なんだろうけど。

フライパンににんにくを投入

*続いてニンニク*

まだまだ全然これからなのに早くもフライパンが焦げ付いてきましたよ。なぜだ。なぜなんだ。しょうがないので慌ててニンニクを入れます。そしていい香りが立ってきたらウドもさっさと投入。

フライパンにウドを投入

*最後にウド*

フライパンの使い方が下手でじっくり炒めることができないとか…どんだけなのでしょう。

とにかく後はウドに手早く火を通して、合わせ調味料を入れて、全体を少し馴染ませて、完成です。

ウドと豚バラの油味噌炒め 完成!

*ウドと豚バラの油味噌炒め 完成!*

何はともあれ、なかなか美味しそうに出来ましたね。

…フライパン、やっぱり買い換えようかな。

ウドと豚バラの油味噌炒め 実食

それでは実食!

ウドと豚バラの油味噌炒め 実食

*実食!*

…といっても大分前に作った料理なわけで。

記憶を頼りに感想を書きます。

まずウドの歯ごたえが良かった。ポリッというかサクッというか…いつものように擬音ばかりでお送りしておりますが、とにかくとても楽しい食感。豚バラ肉も思ったよりいい感じの炒め加減でした。

で、ネットの情報通り本当に油味噌がよく合う!

ウドのほのかな苦みと油味噌の甘みがとてもよくマッチングしていましたよ。

 

やっぱり旬の物っていいですね。

食材のエネルギーというか、生命力のようなものが味に表れているような気がします。まぁ記事自体は時季外れになってしまいましたが…。

 

重ね重ね、サンキューイッチ。

 

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索