ウサギ屋 本店

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「歌の練習ついでに一曲作る」より【2019/3/07更新】 3/07更新

小声で歌うと喉に負担がかかるので気を付けたほうがいい

歌が上手くなる方法

sing27 Undertone

相変わらず歌の練習をする日々が続いておりますが、今日は練習中にわたしが特に気を付けていることについて書いてみようと思います。

 

前回の記事はこちら。

喉の奥に歌いやすいポイントを発見【憩いの空間】

スポンサーリンク

小声での歌唱は喉を痛めやすいので注意すべし

十分に声が出せないような環境で声を出している時。

何か自分なりの課題があって、いつもより声の出し方に気を付けて歌っている時。

料理を作りながら鼻歌を歌っている時…などなど。

気が付いているにしろ、無意識にしろ、ついつい小声で歌ってしまう場面がありますが、これにはマジで、マジで注意が必要です。

わたしの感覚では、小声は不必要な大声と同じぐらい、もしくはそれ以上に喉を傷めやすいように思うからです。

少ない息の量で音を出すために喉に妙な力が入ってるっぽい

肺から押し出された空気が声帯を振動させ、音(声)になります。

楽器で言うと笛の仲間なんかが特に共通点があるような気がしますね。笛は優しく吹きすぎても、逆に強く吹きすぎてもいい音が出ません。

声も同じです。

本来は多すぎる息、また、少なすぎる息では十分な響きが得られません。…が、それでも何故か歌えちゃいますよね。ここが笛の場合と考え方が大きく異なるところ。

笛の場合は笛そのものの形を変えることが出来ないので、吹く力の方を調節していい音の出る塩梅を探す必要がありますが、声の場合は喉に余計な力を入れることで強引に声にすることが出来てしまうのです。本来音にならないはずの弱い呼気を、なんか喉の変なところの筋肉をギュッと閉めたり、声帯を必要以上にビトッと閉めたりして無理やり声にしてる感じでしょうか。これが笛なら一発で壊れてしまうことでしょう。怖い。

そしてこれも罠なのですが、小声って大声に比べて喉に負担をかけている意識が希薄なんですよね。少なくともわたしはそうなんです。

逆に「小声だから喉への負担は少ない」みたいな体に染みついたイメージが未だに消えず、声の出し方、喉の具合などに集中して歌の練習をしていると自然に小声になってしまっていることが多々あり、そしてそんな時は高確率で喉が嗄れます。そして小声で喉を嗄らした場合、大声を出して喉を嗄らした時よりもずっと嫌~な感じに嗄れます。

 

よくよく気を付けているつもりなんですけどねぇ…。

 

そこでわたしが気を付けているのは以下の2点です。

1.気持ちよく声を出せる環境で歌の練習をする

わたしの場合は自宅仕事ということもあり、パソコンで仕事をしながらついつい小声で歌を歌ってしまっていることがあります。そして気が付かない内に喉を疲弊しているという。そして夜、満を持して歌の練習を始めた頃にはもう声がかすれている、みたいな。意味がわからん。

せっかく自作防音室があるので、歌うときは面倒でも防音室に入り、気持ちのよい声量で、無理なく声帯が振動できるぐらいの息を流しながら歌うことを心がけています。そうでないときは出来るだけ歌いません。

2.それでも小声で歌う時は休憩を取りつつ水分を取りつつ

それでも小さい声で息の通りを確認したいような場合があるんですよね。

そんな時はこまめに水分を取りつつ、ちょっと変だなと思ったら即休憩しつつ、大声で歌う時より余計に注意して歌うようにしています。

 

こんなところでしょうかね。

とにかく大声過ぎても、小声過ぎても、喉には良くないっていうことですね。過ぎたるは猶及ばざるが如し。…まぁ、それでも歌の表現としてそれも止む無し、みたいな部分もありますが、それはそれ。気を付けて歌うしかないですね。

みなさんも小声で歌う際は十分ご注意くださいませ。

 

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー