ウサギ屋 本店

オリジナル曲(DTM) / 自作防音室の作り方 / 趣味の料理・プラモデル など

最新音源「歌の練習ついでに一曲作る」より【2019/3/07更新】 3/07更新

「おーい」と呼ぶ声からリラックスした歌声を作る

歌が上手くなる方法

sing19 Hey!!

お久しぶりです。

気が付けば5日ぶり(!)の更新。このブログを始めて以来最長のブランクとなってしまいました。

別に何があったというわけではないのですが、ここのところ早寝のクセがついてしまいまして。夜になると眠くなるんですよねぇ…ってまぁ、普通ですな。

「子どもたちも寝静まったみたいだからブログでも書こうかな。でも今日も眠いな。やっぱり寝るとするか。おやすみ。」という感じで健康的に過ごした4日間だったのでした。めでたしめでたし。

 

というわけで。

 

ここ数週間は絶賛歌の練習中でございます。

参考:中間報告【後ろに引っ張っている途中】

 

路線はかなり見えてきたのですが体の使い方は未だ染みついておらず、どうも頭で考えながら歌ってしまっているみたい。そうするとなんというか…声が飛んでいかないとでもいいましょうか、息が喉で止まってしまう感じなんですよね。歌っていてもあんまり気持ち良くない。

自分なりに試行錯誤した結果、実に簡単な方法で改善できたのでご紹介しようと思います。

 

【いつもながら何を勉強したわけでもなく、自分なりの個人的な意見です。話半分に読んでもらえたら嬉しいです。】

 

前回の記事はこちら。

中間報告【後ろに引っ張っている途中】

スポンサーリンク

気持ちをリラックスしてのびのびと歌いたい

原因は先ほど書いた通り。

恐らくですが、歌い方に慣れていないがゆえに頭で考えすぎてしまい、そのせいで息をのびのびと使えていない状態なんじゃないかなぁと思います。声帯への息の当たり具合を気にしすぎて息が声帯周辺で止まってしまっている感じ。

 

参考:前回までの音源(【注意】今回この音源だけ音量が大き目)

 

特に00:05からの「~ was too large for the ~」の辺りがわかりやすいかもしれません。もう少し息が抜けていくと響きも良くなりそうなのですが、なんだか天井にぶつかるかの如く息がせき止められてしまっています。これ以上息を当てると声帯のポジションが変わってしまうような気がしてビビっちゃうんですよね。

この感じだと楽しく歌えないんだよなぁ。

「おーい」と呼ぶことで気持ちと喉をリラックス

そこで。

歌おうという意識を一旦捨てることにしました。

わたしのクセとして「よりディティールへ、よりディティールへ」と考えを進めてしまう傾向があるのですが、歌に限ってはそれが良くない方向に作用している気がする。

 

やり方は簡単です。

 

軽く声を出して「おーい」と呼ぶだけ。

 

・軽く「おーい」と呼ぶ→歌声へ

 

非常にバカバカしいですが本人は大まじめでやっております。歌声は全体的に(特に最後)グダグダですが、この音源の主旨とは違うので録り直しません。

決して叫ぶようなことはせず、歌を意識した声で軽く、しかし素直に「おーい」と声を出し、いい感じの当たり所を見つけたらそのまま歌声につなげていきます。次に、その出し方を出来るだけ維持したまま、高いノートから低いノートまで満遍なく歌いました。

「おーい」と呼ぶ感じ

*あくまで軽く。叫んではアカン。*

これがですね、自分にとっては不思議なほど効果絶大なんですよ。

おーいと呼ぶことで「歌う」というよりは「喋る」意識の方にスイッチし、気持ちが楽になります。と、同時に喉の緊張もとれます。なおかつ声を当ててもいい場所がハッキリするというか。方向が定まるというか。そうすると歌う時にも臆することなく息を使えるようになるんです。

 

・「おーい」の感じを意識して歌ったもの

 

【比較】以前の歌い方で歌ってみた

 

・もう少し高く歌ってみた

 

息が流れた結果、先ほどの音源よりも芯のある声になったのがおわかりでしょうか…ってこれ歌った本人じゃないとあまりわからないレベルの差かもしれませんね 笑。それじゃ意味ないだろっていうツッコミも当然ですが、何しろ歌う楽しさが段違いなんですよ。それがもっと音に反映されるように引き続き練習します!

 

ちなみに言葉は「おーい」じゃなくても大丈夫。

 

例えば、

 

「みんなーこんにちはー!だいすけお兄さんでーす!(もちろんゆういちろうお兄さんでも可)」

 

でもいいし、もう少し高いトーンを狙いたいなら、

 

「みんなーこんにちはー!たくみお姉さんでーす!(もちろんあつこお姉さ」

 

でももちろんOK。強いて言うなら少しだけ声を張れるようなセリフがいいかもしれませんね。「あくまでも軽く」ですが。(わたしの場合、もはや呼びかけるセリフではなく普通に喋るところから歌声につないでも効果が出ます。)

逆に「今日は雨も降っているし頭も痛いし、もうやる気が一切ありません…」みたいなトーンからは歌声に繋がりにくいような気がする。

繋がったとしても「もうやる気が一切ありません………nnんぁあ~♪」っていうのもなんだかねぇ…。

 

 

というわけで今日はここまで。

 

 

最後に一応書いておきますが、歌声もしゃべり声も人それぞれ。

わたしと同じタイプのしゃべり方と歌声で、わたしと同じようなことでお悩みの方には恐らく効果があるでしょうが、もちろん効果が無いタイプの人もいるだろうし、逆効果になってしまうパターンもあるはず。それを踏まえた上でお試しください。

それでは。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー