SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「歌の練習ついでに一曲作る」より【2018/3/30更新】 3/30更新

教会旋法(チャーチモード)とは【種類や使い方】

音楽理論を勉強しよう

Music Theory Church Mode

今回は教会旋法(チャーチモード)について、その種類や使い方などをまとめてみました。

参考音源もいくつか用意してありますのでぜひ読んでみてください。

 

前回の記事はこちら。

【全音階】ダイアトニックスケールとは

スポンサーリンク

チャーチモードとは

キーをCメジャーとして話を進めます。

AマイナースケールはCメジャースケールの平行調ですよね。

参考:メジャースケールとマイナースケール【全音と半音の組み合わせ】

つまりCメジャースケールをAから始めるとAマイナースケールになるわけですが、これは音の捉え方の違いによるものです。音程の並びとしては同じダイアトニックスケールですので、「Aから始める」という表現よりは「Aに主眼を置いている」といった方がより適切なのかもしれません。

参考:【全音階】ダイアトニックスケールとは

そして、同様にCメジャーのダイアトニックスケールの中でも、「Dに主眼を置いたスケール(というかモード)」「Eに主眼を置いたスケール(というかモード)」が7音全てに存在します。

これを総称して「教会旋法(チャーチモード)」と呼びます。

チャーチモードの種類

Cメジャーにおけるチャーチモードは以下の7種類です。

*Cメジャーにおけるダイアトニックスケール*

【主眼を置いた音:モード名】

1度:Cアイオニアン(Cメジャースケール)

2度:Dドリアン

3度:Eフリジアン

4度:Fリディアン

5度:Gミクソリディアン

6度:Aエオリアン(Aマイナースケール)

7度:Bロクリアン

 

以上7種類。

 

アイオニアンはドレミファソラシ、ドリアンはレミファソラシド、フリジアンはミファソラシドレ…と結局は全て同じCメジャースケールなのですが、どのように使い分けるのでしょうか。

チャーチモードの使い方

使い方は大きく分けて2種類あります。

1.あるコードにおいてより調性を整えるために使用する

チャーチモードの種類をもう一度ご確認ください。

例えばCメジャーで2度のコードを弾くと通常はDmになりますが、このDmには2度に主眼を置いたモードであるドリアンが合うというわけです。7度なら通常Bm(♭5)になり、これにはロクリアンが合うというわけ…

…っていうか全て同じCメジャースケールなんだから合って当たり前でしょ!というのは早計。今回はこれ以上触れませんが、各モードにはそれぞれ重要なノート、また、気を付けて使用すべきノートなどが決まっており(音の捉え方が違うということです)、それを意識して弾くことでより調性の整った音楽になるのです。

2.モードを調として捉え(スケール的に扱い)、調性を曖昧にする

それぞれのモードについて、主眼を置いた音をそのスケールのトニックとして捉え、フレージングを行ったりコード進行を構成したりする使い方です。

例えばキーがDマイナーの時にDドリアンを、また、キーがCメジャーの時にCミクソリディアンを使用するというわけ。どのスケールの場合も、ある意味で長調とも単調とも言えるような、調性のあやふや響きになるのが特徴です。

この場合、トニックからみた3度の音が長三度ならメジャー系のスケールとして、短三度ならマイナー系のスケールとして扱います。

 

■メジャー系のスケール

・アイオニアン

・リディアン

・ミクソリディアン

 

■マイナー系のスケール

・ドリアン

・フリジアン

・エオリアン

・ロクリアン

 

通常のメジャースケールやマイナースケールとそれぞれ比較した場合、違っているノートを特性音(キャラクタリスティックノート)と呼びます。各ノートの特性を決めるとても重要な音です。

 

こちらの使い方については、音源を用いて次項でご紹介します。

チャーチモードの使用例

引き続き音源を用いて個々のチャーチモードを詳しく見ていこうと思います。

前提として、音源のキーはC[メジャー/マイナー]に統一。

アイオニアンとエオリアン以外は前述した「モードを調として捉え(スケール的に扱い)、調性を曖昧にする」使い方での音源も併せて掲載します。

楽譜内で赤丸を付けてあるノートは特性音(キャラクタリスティックノート)です。

 

それではどうぞ。

アイオニアン

いわゆる「メジャースケール」です。

アイオニアン ionian

*アイオニアン*

・CアイオニアンをCメジャーに乗せて

ドリアン

マイナー系のスケール。

通常のマイナースケールでの短6度が長6度になっています。

ドリアン dorian

*ドリアン*

・CドリアンをCマイナーに乗せて

・Cドリアンを使用して一節

フリジアン

マイナー系のスケール。

通常のマイナースケールでの長2度が短2度になっています。

フリジアン phrygian

*フリジアン*

・CフリジアンをCマイナーに乗せて

・Cフリジアンを使用して一節

リディアン

メジャー系のスケール。

通常のメジャースケールでの完全4度が増4度になっています。

リディアン lydian

*リディアン*

・CリディアンをCメジャーに乗せて

・Cリディアンを使用して一節

ミクソリディアン

メジャー系のスケール。

通常のメジャースケールでの長7度が短7度になっています。

ミクソリディアン mixolydian

*ミクソリディアン*

・CミクソリディアンをCメジャーに乗せて

・Cミクソリディアンを使用して一節

エオリアン

「マイナースケール」です。

エオリアン aeolian

*エオリアン*

・CエオリアンをCマイナーに乗せて

ロクリアン

マイナー系のスケール。

通常のマイナースケールでの長2度が短2度に、完全5度が減5度になっています。

ロクリアン locrian

*ロクリアン*

・CロクリアンをCマイナーに乗せて

・Cロクリアンを使用して一節

 

 

チャーチモードの使用例は以上です。

いかがでしたでしょうか。

それぞれのモードに特徴があり、自分自身も勉強していて楽しいテーマでした。自分の曲にも活かしていけたらいいな。

 

以上、今回は教会旋法(チャーチモード)について勉強しました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索


カテゴリー