SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「2017年作曲納め」より【2017/12/24更新】 12/24更新

ダイアトニックコードとその仕組み

音楽理論を勉強しよう

Music Theory6 Diatonic Chords

今回はダイアトニックコードについてまとめてみました。

参考音源も掲載していますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

前回の記事はこちら。

教会旋法(チャーチモード)とは【種類や使い方】

スポンサーリンク

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックコードとは、ダイアトニックスケールで構成された和音(コード)のことです。

参考:【全音階】ダイアトニックスケールとは

【1度 + 3度 + 5度】で構成されたトライアド(3和音のことです)のダイアトニックコードと、さらに7度の音を加えた4和音のダイアトニックコードがあります。

参考:「度数」とは音程の数え方です

言い換えると「同一のダイアトニックスケール上に成り立つコード」ですので、作曲をする際に使いやすいコードであることはもちろん、コード同士の相性も非常に良いのが特徴です。

ダイアトニックコードを適当に並べただけでも何らかの曲が出来上がる、と言っても大げさでは無いと思います。

トライアド(3和音)のダイアトニックコード

以下、わかりやすくキーをCに限定して解説します。

まずはトライアドから。

ダイアトニックコード(トライアド)diatonic chords3

*ダイアトニックコード(トライアド)*

・C → Dm → Em → F → G → Am → Bm(♭5) → C

 

Cのダイアトニックコード(トライアド)です。

ダイアトニックスケールの各ノートをルートとして、1度 + 3度 + 5度と積み重ねて和音が構成されていることがお分かりかと思います。この図はあくまでキーをCに限定したものですが、譜面の上に記載したローマ数字でコードを覚えると、キーが変わっても対応できるので応用が利くかもしれません。

3度の音が長3度ならメジャーコード、短3度ならマイナーコードになります。5度の音は基本的に完全5度で構成されていますが、7度のコードだけは減5度となっています(マイナーフラットファイブ)。

また、メジャーの3和音をメジャートライアド、マイナーの3和音をマイナートライアド、7度に登場するマイナーフラットファイブはディミニッシュトライアドとも呼びます。

ダイアトニックコード(トライアド)の構成音【度数】

コード 構成音
完全一度 + 長三度 + 完全五度
Ⅱm 完全一度 + 短三度 + 完全五度
Ⅲm 完全一度 + 短三度 + 完全五度
完全一度 + 長三度 + 完全五度
完全一度 + 長三度 + 完全五度
Ⅵm 完全一度 + 短三度 + 完全五度
Ⅶm(♭5) 完全一度 + 短三度 + 減五度

4和音のダイアトニックコード

続いては4和音。

ダイアトニックコード(4和音)diatonic chords

*ダイアトニックコード(4和音)*

・CM7 → Dm7 → Em7 → FM7 → G7 → Am7 → Bm7(♭5) → CM7

トライアドにダイアトニックスケール上の7度の音を付け加えたものです。7度の音が加わったことでトライアドより柔らかいニュアンスになり、おしゃれな響きに変化しました。

ダイアトニックコード(四和音)の構成音【度数】

コード 構成音
ⅠM7 完全一度 + 長三度 + 完全五度 + 長七度
Ⅱm7 完全一度 + 短三度 + 完全五度 + 短七度
Ⅲm7 完全一度 + 短三度 + 完全五度 + 短七度
ⅣM7 完全一度 + 長三度 + 完全五度 + 長七度
Ⅴ7 完全一度 + 長三度 + 完全五度 + 短七度
Ⅵm7 完全一度 + 短三度 + 完全五度 + 短七度
Ⅶm7(♭5) 完全一度 + 短三度 + 減五度 + 短七度

「ダイアトニックコード」とは まとめ

・ダイアトニックコードとはダイアトニックスケールで構成された7種類(厳密には14種類)のコードである

・ダイアトニックコードには【1度 + 3度 + 5度】で構成されたトライアド(3和音)と、さらに7度の音を加えた4和音のものがある

・メジャーの3和音 → 「メジャートライアド」

・マイナーの3和音 → 「マイナートライアド」

・マイナーフラットファイブ → 「ディミニッシュトライアド」

以上。

 

 

いかがでしたでしょうか。

どのコードも耳馴染みのある響きだったのではないかと思います。

作曲をする際などにコードの繋がりに迷ってしまった時はまず、このダイアトニックコードを探ってみるといいかもしれません。

 

以上、今回はダイアトニックコードについて勉強しました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索