SONARの使い方

DTMソフト「SONAR」の使い方を中心に、SONARで作成したオリジナル曲や自作防音室の作り方など。

最新音源「マイナーのバラードを作る」より【2017/10/17更新】 10/17更新

鼻うがいが効いてきたので仮歌をレコーディングした

新しいシンセで曲作り

new synth8 Vocal Tracks

ここ数日の喉の不調をわたしなりに分析すると、原因としてはやはり副鼻腔炎が濃厚です。

まず、朝起きると十中八九鼻血が出ている。

それもある程度の量がまとまって出ているわけではなく、膿の混じった粘度の高い鼻水にわずかに混じっている程度なんです。これはおそらく副鼻腔の炎症からくる出欠だと思われます。つまり、副鼻腔にたまった膿が炎症を起こした結果の出血ということ。そしてその悪い膿が就寝中に喉の方に落ちてきて、喉周辺に炎症を起こしているんじゃないかという予想です。

実際その予想をもとに、しばらくさぼっていた鼻うがいを寝る前に再開した結果、今日は少し調子が上向きになってきました。

この結果を糧にしばらく鼻うがいを続けてみようと思います。

 

 

 

…ま、

 

 

さっさと病院行けって話なんですけどね。

 

前回の記事はこちら。

サビのアレンジをもうちょっと詰めてみる

スポンサーリンク

とにかく仮歌をレコーディングしたい

今回の曲もある程度形になってきたのでそろそろ仮歌を入れて全体のバランスを見たいんです。

原因はなんにしろとにかく今日は歌えそうなので、チャンスを逃さずレコーディングしたい!

 

・オリジナル曲 進捗音源

 

あらためて聴いてみてもやっぱり現状は変わらず。仮歌を入れないと先に進めませんね。

歌の良し悪しにこだわらずとにかくレコーディングしなきゃ。

仮歌のレコーディング開始

メロディ自体はピアノで作曲してあるので後は歌うだけなんです。

とにかく歌います。

 

・オリジナル曲 Aメロ 仮歌入り

 

複雑なメロディですが、自分で作ったものなので思ったより普通に歌えました。まぁ仮歌なのでピッチやリズムの甘さは許してくださいね。結局この程度の実力なのです。

ちなみに、今回掲載したボーカル音源には最低限、ノイズリダクションとコンプレッサーだけはかけました。

参考:「ReaFir(ノイズリダクション)」のダウンロード方法と使い方

参考:「TDR Kotelnikov(コンプレッサー)」のダウンロード方法と使い方

 

続いてBメロ!

 

・オリジナル曲 Bメロ 仮歌入り

 

コーラスの部分はメイン、ハモリとも2パート録って左右に振ってあります。ボーカル単体の音源も掲載しておきますね。

 

・オリジナル曲 Bメロ ボーカルのみ

 

ヘッドフォンをして聴いていただくとよくわかるはず。

声が左右から聞こえてくるでしょ。ユニゾンで歌った2パートをパンニングで思いっきり左右に振っているんです。

SONAR コンソールビュー

*Bメロコーラスのパンニング設定*

各トラックレーンの最下部にあるのがトラック名です。

B11とB12がメインメロディでB21とB22がハモリ。B21スペシャルのメンバーはヒロミ・デビット伊東・ミスターちんです。パンのつまみを見て頂ければなんとなくイメージは伝わるんじゃないかと思います。まぁいつも通り、大したことはしてないんだ。っていうかできないんだ。

 

そしてサビ!!

 

・オリジナル曲 サビ

 

声の調子は良くなかったんですが、とりあえずミキシングに事足りる程度には歌えた気がする。よかった。そして編集過程で偶然気が付いたんですが、ガイドメロディとして残しておいたPiano oneの仮メロディをサビで鳴らすとなかなかいいんです。聞いてみて下さい。

 

・オリジナル曲 サビ Piano one仮メロ入り

 

ね。厚みが出てなかなかいいでしょ。

もちろん完成時点でこのまま使う気はありませんが、ノリとしては覚えておきたいところ。しばらくこのままにしておきます。

 

というわけで今回はAメロ、Bメロ、サビの3パートに分けてレコーディングしました。仮歌入りの全体像をどうぞ。

 

・オリジナル曲 全体像 仮歌入り

 

ちなみに、お試しでもうちょっと声帯を詰めた歌い方も試してみました。

 

・オリジナル曲 全体像 仮歌入り その2

 

どっちがいいかなぁ…。

…っていうか歌詞や世界観次第なので現状で迷ってもしょうがないですね。

 

とりあえず次回はハモリに着手する予定。今回は層の厚いハモリにする予定なので、結構雰囲気が変わってくると思いますよ!

 

お楽しみに。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ウィジェット

Twitter

更新情報はTwitterで

記事検索